どうにもならない「ゆらぎ肌」は○○のレスキューテクで!

季節の変わり目。
そしてこれから夏の冷房による乾燥で、毎年この時期お肌の調子が良かったり悪かったりイマイチ一定しないと悩む「ゆらぎ肌」の方々多いですね。
肌が敏感に傾いて化粧ノリも悪い時は、バリア機能も低下しているので、与えすぎは逆効果。
いつものアイテムを上手に使うことで上手に乗り切りましょう!

弱った肌にはオイル美容

本来なら、皮脂は自然に分泌され、水分と混ざり合って肌の表面を綺麗に覆って天然のバリアゾーンを作り出してくれます。

またこの水分と油分のバランスが整うことで肌のなめらかさも生まれます。

image03

Photo:写真AC

敏感肌や乾燥肌、そしてゆらぎ肌のお肌は、皮脂の分泌がうまくいかず、天然のバリアゾーンを上手に作り出すことができません。
そこで助けてくれるのが「オイル」なのです。

オイルはなぜいいの?

オイルの成分は肌の皮脂組織に似ているので、肌によくなじみ、肌の皮脂バランスを整えてくれます。

そして、肌に塗ったオイルは、私たちの肌の一番外側の角質層をしっかりつないで、内側の水分の流出を防いで潤いを閉じ込めてくれます。

image01

Photo:写真AC

オススメは『ブースター』という使い方

ブースターとは促進剤や導入剤という意味です。
化粧水の浸透を促し、水分をしっかりお肌の中に導入してくれる役割になります。

このブースターの役目にオイルを使うのがオススメ!

つまり化粧水よりも先にお肌にオイルを塗布することで、その後の化粧水をお肌の中により浸透し閉じ込めてくれるのです。

「えっ!逆じゃないの?」と驚かれる方も多いですが、そうすることでお肌の潤いややわらかさが圧倒的に変わりモチッとしたお肌になれますよ!

油分が含まれているものは、水をはじくから最後に使う!
と考えている方多いですが、これは半分正解で半分不正解。油の種類がどんなものかにより、その使い方も変わります。
ブースターとして使用するオイルは、私はアルガンオイルココナッツオイルなどをオススメします!

image00

Photo:写真AC

この方法は、季節の変わり目のゆらぎ肌や敏感肌だけでなく、どんなお肌の方にもオススメできるスキンケア法です。

オイルと化粧水の順番を変えるだけでお肌の調子も化粧ノリも良くなるのを実感できるはず!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。