プロのヘアメイクが伝授!今更聞けない美眉メイクの基本5か条

4月になり就職・進学などで新生活がスタートした方も多いとはおもいますが、それに伴って新たな出会いも多くなりますね。

新しい環境での新しい出会いとなるとやはり第一印象はとっても大事!
その第一印象の中でも特に大事なのが、「眉毛」。
真っ先に相手の目が向けられるパーツになります。

眉毛をなんとなく書いているけど、この方法であっているのか分からない…
そんなお悩みにお応えて、今回は「今さら聞けない美眉メイクの基本5つ」をご紹介します。

失敗しない5つのポイント

①眉カットは頻繁にしない!!!

最近は太眉がトレンド!
あまり眉カットは頻繁にしなくてもOKです!

細眉より若々しく小顔効果もあり、目元もくっきり見えます。

さわっていいのは、眉間とまぶたの産毛のみ。

②鏡をみて左右の違いをチェックし、眉尻(ゴールを決めましょう)

用意するもの:パウダーシャドー、アイブローブラシ、アイブローペンシル

image02

最近の傾向は、小鼻から目尻を結んだ延長線上より少し短めがトレンド。

image03

③ヘアカラーに合わせて、少し明るめに仕上げる!

瞳、ヘアカラーより少し明るめのアイブローパウダーをアイブローブラシで眉の中間→眉尻にのせ、残った分で眉頭にのせます。
(色を継ぎ足さないことで濃淡ができ立体感がでます)

image01

パウダーで8割仕上げてしまうと、簡単。

image05

頬に手を当てて描くと安定して描きやすいです。

④眉毛の生えていない部分に、ペンシルで、一本ずつ生やすように描きます。

ペンシルタイプで力を抜いて描くことで、生えてる眉毛に同化するように見えるんです。

image04

描いていない元々の眉毛に見えて、よりナチュラルに仕上がります!

また、ペンシルを使うとき、力を入れがちですが、力を抜くことで優しい印象の眉に仕上がります。

⑤自眉が濃い場合は、アイブローマスカラで簡単眉カラー

眉がヘアカラーより黒いと浮いて見えてしまいます。

ヘアカラーに合わせてアイブローマスカラを自眉に塗るだけで顔全体が垢抜けた印象になります。

image06

黒髪の方も瞳の色より少し明るめの眉にすると、垢抜けて見えるのでオススメですよ!

image00

これで、ワンランクアップした、印象になること間違いなしです。

ぜひトライしてみてくださいね!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。