懐かしおやつでカラダキレイ❤簡単寒天デザートでダイエットレシピ

ぽかぽか陽気が続き、春まっただ中ですね。そろそろ薄着になるシーズン、ボディの準備はできていますか?
ダイエットしなきゃ…でも無理は禁物!
そんな時の救世主は身近なところにありました。

それは…「寒天」です! 杏仁豆腐、ところてん、水ようかんなどの材料に使われるアレです。
とっても親しみのある食材ですが、何が原料でどんな効能にあるのか、意外と知らないことも多いですよね。早速おさらいしてみましょう。
美肌になれる!?
寒天の原料は天草などの海藻。100gあたりの食物繊維が80%以上とあらゆる食品の中でダントツのトップ!

ノーカロリーな上に、水分を吸って膨らむために満腹感が長持ちし、余分なコレステロールなどを体外に排出してくれるデトックス効果もあるのです。
腸を刺激し、便を柔らかくしてくれるので、便秘にお悩みの方はすぐにトライすべし!

食べるだけでヘルスケアに
寒天のほとんどを占める食物繊維には、血圧を下げる効果があるほか、血糖値の上昇を抑える効果もあり、さらに大腸がんの予防にもなると言われています。ダイエットのためだけでなく、健康のためにも、毎日食べたいくらいですよね。
出典:かんてんぱぱ

寒天デザートレシピ

寒天には、粉末状や糸状のタイプなどがありますが、今回は棒寒天を使った甘さひかえめレシピで作ってみました。棒寒天は、同量で粉寒天などでも代用できます!
分量は約4人分、大きいタッパーなどを使用してもOK。

image

【牛乳寒天】(4人分)

  • 棒寒天…1本(約8g)
  • 水…200ml
  • はちみつ…大さじ3
  • 牛乳…400ml
  • みかんの缶詰など、フルーツ…好きなだけ

【トマト寒天】(4人分)

  • 棒寒天…1本(約8g)
  • 水…400ml
  • はちみつ…大さじ1
  • トマトジュース…360ml
  • (あれば)レモン汁…大さじ1

作り方

棒寒天は柔らかくなるまで水(分量外)につけ、ぎゅっとしぼったら細かくちぎります。なべに水とちぎった寒天を入れ、弱火で温めて溶かしていきます。
写真 2(1)
ふつふつと沸騰して、完全に寒天が溶けたら、牛乳寒天にははちみつと牛乳、トマト寒天にはトマトジュース&レモン汁&はちみつを投入。よーくまぜたら火を止め、器に注ぎます。
粗熱がとれたら、牛乳寒天にはお好みでフルーツを入れます。冷蔵庫にいれ、1~2時間で固まります。

甘さはかなり控えめにしてあるので、お好みで食べるときにはちみつやシロップをかけても◎寒天は、むくみを改善するのと同時に、身体を冷やす効果もあるそうなので、食べ過ぎにはご注意を。自然素材で作るヘルシーデザート、ぜひお試しくださいね♪

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。