飲んでも二日酔い知らず!歓送迎会や新生活を楽しむ東洋医学ライフ

この春は皆さんに新しい変化はありますか?
卒業、就職、お引越し、職場の環境などなど変化の季節。
それに伴い、歓送迎会など飲み会も増えますね。
桜の下でのお花見も楽しいイベントのひとつでしょう。

だけどついつい飲みすぎて反省…
これは辛い、避けたいという方に朗報!
東洋医学でなかったことにしちゃう秘訣をお伝えします。

二日酔いってなんで起きるの?

肝臓は解毒の工場なんて呼ばれていますが、アルコールに含まれる有害物質アセトアルデヒドを分解するお仕事をしてくれています。

乾杯

Photo:fotolia

肝臓が弱っていると分解が追いつかず二日酔いで辛い次の日を迎えてしまいます。

二日酔い予防のツボはこちら

肝臓機能をUPさせて、悪酔いを先に予防してしまいましょう。

「健理三針区」
手のひらの真ん中よりやや手首あたり

image02

「期門」
バストトップから下に下がり肋骨の下

image01

座りながらできるツボですので飲み会場に向かいながらプッシュプッシュ。

また酷使した肝臓の回復にも大活躍なので、お酒好きな方は日々のケアにおすすめです。

二日酔いの辛い症状にはこちらのツボ

気持ち悪い、吐き気には「内関」

手首から指三本分下がったところ

image03

頭痛には

「百会」 頭の頂上

image00

よい意味でわがままに

肝臓はストレスが大嫌い。

ストレスがかかるとすぐフリーズ状態に!
うっぷんを溜めないで流す!巡らせる!という気持ちの環境を作ってあげましょう。

普段我慢していること、言えないことをぶっちゃけちゃうのも春のタイミングですよ。

young asian women lifestyle image in the cafe

Photo:fotolia

また春の陽気を浴びながらお散歩するというのも実は東洋医学的にれっきとした肝機能を上げる春の健康法。
春を探しに外に出かけましょう。

自然は春の陽気で芽生え伸び伸びと動いています。

私たちも伸び伸びと春を謳歌しましょう❤

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。