すべての時間には意味がある!体内時計を味方にして健康に♡

体内時計って何だかご存知ですか!?
実は臓器にはそれぞれ活発に働く時間があるのです。

なぜ朝御飯を食べるのか?

なぜ深夜に食事をしない方が良いのか?

なぜ夜はきちんと寝た方が良いのか?

体内時計を意識して生活すると身体に負担をかけず、体調も整いますよ♪

【1時~3時】

肝臓が一番活発に機能する時間帯です。
良い睡眠をとることにより慢性疲労や肝臓の機能回復が期待できます。

【3時~5時】

肺機能が高まる時間帯です。
この時間帯は深い呼吸が出来る環境で眠ることが大事です。

【5時~7時】

大腸の一番活発に機能する時間帯です。
排便や腹部の運動を心がけましょう。便秘解消などが期待できます。

若い女性・新緑

Photo:写真AC

【7時~9時】

胃が一番活動する時間帯です。
この時間帯に朝食を摂り、身体に食物を取り入れると最適です。

【9時~11時】

脾臓が活発に機能する時間帯です。ダラダラせず、動き始めましょう。
免疫力促進効果が期待できます。

【11時~13時】

心臓の機能調整をしやすい時間帯です。
この時間帯は心身ともにリラックス、リフレッシュを心がけましょう。昼寝もおすすめ。

【13時~15時】

小腸は吸収する器官で、一番活発に吸収活動をする時間帯です。
ゆっくりと身体をリラックス状態にしておきましょう。

サラダを食べる女性

Photo:fotolia

【15時~17時】

膀胱が一番活発に機能する時間帯です。排尿や水分の取り入れを心がけましょう。

【17時~19時】

腎臓が活発に活動する時間帯です。
この時間帯は、水分補給や腰を鍛える運動を軽くすることにより体力増進を期待できます。

【19時~21時】

心臓と血管の機能回復する時間帯です。
この時間帯は食後の散歩をしたり、リラックスできる状態にするのが大切です。

【21時~23時】

すべての臓腑機能に関わる三焦が門を閉じる時間帯です。
21時以降は食事を摂らないことが肥満の予防につながります。

【23時~1時】

胆のうが活発に活動する時間帯です。
この時間に睡眠をとることは、免疫力増強に最適です。

眠る女性

Photo:fotolia

朝は早く起きて朝食を摂り、昼食後はゆっくり休んで夕方は軽い運動をし早く寝る‼︎

体内時間を参考にして、規則正しい生活習慣を心がけてみてください♪

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。