かかとを削っている限りツルツルかかとは手に入らない!?

だんだんと気温が暖かくなるにつれ、ブーツからだんだんとサンダルやミュールの季節になっていきますね!
その前にしっかりとケアしておきたい一つが「かかと」。
乾燥してガサガサかかとのままでは素敵にサンダルやミュールが履きこなせませんもんね!

でも、削っても削ってもガサガサかかとのまま。これなんでなんでしょう?
正しいかかとケアの方法を知って、ツルツルかかとを手に入れましょう!

足は汗っかき!でも乾燥しやすい!

足は蒸れやすいので、乾燥しないと思っている方が多いのですが、実はかかとには汗腺はあっても皮脂を分泌する腺がないため、水分が蒸発しやすくすぐに乾燥してしまいます。水分不足でかかとの角質はどんどん硬くなってしまいます。

image03

Photo:写真AC

足は冷えやすく血行が滞りがち

体の末端にある足元は、血流が悪くなりがちで特に冷えやすい部位ですよね。

血行不良により新陳代謝が悪くなり、不要な角質が剥がれ落ちずに固まったままになり、どんどん溜まって厚く硬くなってしまうのです。

足は刺激や負担が大きい

足は体の全体重を支え、また、摩擦の大きいところでもあります。

image01

Photo:写真AC

立ちっぱなしのお仕事や、激しい運動、足に合わない靴の使用などで、足の皮膚に摩擦や圧迫などの負担がかかり、それを守ろうとして足の角質はますます硬くなるばかり。

削れば削るほどかかとは硬くなる?

ネイルケアやフットケアのお店などでも、かかとを専用の機械などで削り落としてツルツルにさせていますが、一時的にはツルツルしてキレイに見えるものの、時間が経つと前よりも角質が厚く硬くなり、乾燥を招いてしまいます。

ツルツルかかとを作るには

オススメはココナッツオイルを使う方法です。

顔もそうですが、乾燥して熱く硬くなった角質層を柔らかくし、いらなくなった角質を無理なく自然にはがしていくのは、オイルが最も適しています。

150303_1_1

方法は、入浴後、お風呂で柔らかくなってまだ少し水分が残っている状態で、そのままオイルを塗るだけでOK!

ベタつきが気になる場合は、その上から靴下などを履けばいいでしょう。蒸れないようにつま先が出ている靴下はオススメですよ。
スペシャルケアとしては、ココナッツオイルとはちみつを1:1で混ぜ合わせたものを塗り、ラップでしばらく巻いておくと、かなりしっとりとします。

どうしても削りたくなったら重曹スクラブを!

ひび割れて硬くなったかかとがハンパない!まずは削りたい!と思ったら、重曹とオイルを1:1で混ぜ合わせた重曹スクラブを作り、入浴や足湯などでしっかり湿らせて柔らかくなった状態で、重曹スクラブを塗布してマッサージをすると、かなりスベスベになります!

140606_1_3

Photo:写真AC

その後、上記の通りオイルでケアをして保湿をするといいでしょう。

春にストッキングを履いてガサガサかかとがストッキングに引っかからないように、今のうちからツルツルすべすべかかとを作っておきましょう!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。