やってみたい!『マッスルコントロール』ってどんなこと?トレーニング方法もご紹介

マッスルコントロールというワードを聞いたことがありますか?コントロールって筋肉を操る…?その意味とメリットをご紹介します。ぜひ参考にしてください♪

マッスルコントロールって何?

Woman doing exercise for chest and back muscles on machine, back view

皆さんは、テレビなどで大胸筋などをピクピク動かしている人を見たことがありませんか?
このように筋肉を自分の意思で自在に動かせるのがマッスルコントロールです。

マッスルコントロールとは、筋肉を自分の意思で自在に収縮できること。
例えば、大胸筋をピクピク動かしている状態がそれにあたります。

前腕や足などは誰でも収縮できます。
しかし、大胸筋や広背筋、僧帽筋など目に見えない場所のコントロールは至難です。
マッスルコントロールができると、これらの筋肉を自在に収縮できるようになります。

マッスルコントロールができると…

Young fitness woman showing her perfect abs

マッスルコントロールができると、筋トレするにあたってのメリットがあります!

まず、ひとつめはトレーニングする筋肉の位置を意識できるということ。
筋肉の位置を意識できると、トレーニングしたい筋肉の位置に効果的にアプローチできるということです。

ふたつめは、軽い負荷でも筋肉にアプロ―チできるので、軽めのダンベルや激しいトレーニングではなくても効果を発揮することができるのです。

 マッスルコントロールのやり方

Young smiling fit woman doing exercises with dumbells and looking at her reflection at gym

筋肉をリラックスさせます。
リラックスさせた状態から、一気に収縮させる。というような流れです。

リラックスさせたあとに、動かしたい筋肉の動きをイメージします。
収縮させる筋肉に意識して、鏡を見て行うとイメ―ジしやすいです。

これを繰り返し行い、徐々に意識した筋肉を動かせるようになれば、マッスルコントロールができているということになります。

すぐに意識した部分を動かすことは大変ですが、日々練習することで習得できるようになっていくはずです。

 マッスルコントロールを意識したトレーニング

 スクワット

Squatting muscular woman on the urban city background. fitness, sport, exercising and healthy lifestyle concept - woman doing squats outdoors.

スクワットは三大筋肉トレーニングのひとつである代表的なトレーニング方法です。
スクワットは下半身の減量と筋肉をつけてキレイに魅せる人気のトレーニングです。
ここでは、スクワットでのマッスルコントロールのトレーニング方法をご紹介します。

スクワットのトレーニング方法

  1. まずグッと深くゆっくりとしゃがみ込みます。
  2. 胸は前面へむかってはり、下にむけないようにします。
  3.  脊椎に負担がかかるので顎は引いておきます。
  4.  腰は反らせないようにします。
  5.  ④の状態を10秒ぐらいキープします。
  6.  地面をレッグプレスのように強く押す感覚で立ち上がります。
  7.  太もも、お尻周りの筋肉を意識しながら①~⑥を繰り返します。
    ※膝は伸ばしきらずに、下がるときは負荷を抜かずにゆっくり下ろしましょう。

レッグエクステンション

Leg Exercises - Young Woman Doing Leg With Machine In Gym

レッグエクステンションは、膝の曲げ伸ばしを繰り返すトレーニング方法です。
このトレーニング方法は、大腿四頭筋を鍛えることができます。
レッグエクステンションのトレーニング方法は以下の通りです。

レッグエクステンションのやり方

  1. 背もたれをもって、股関節を真上にむけます。
  2. 足の裏が前をむくように、ウェイトを股関節から上げます。ここで、太ももを意識!

※パッドにずっと足をくっつけるように意識しましょう。
脚をぶんぶん振り回して、ウェイトを上げ下げするようなことは避けましょう!

マッスルコントロールできるようになれば、軽いウェイトでも筋トレ効果がUPします。

ライイングレッグカール

Female athlete exercising at lying leg curl bench in the gym

ライイングレッグカールは、太腿裏の筋肉を鍛えることができるトレーニング法です。

ライイングレッグカールのやり方

  1.  レッグカールマシンにうつぶせ状態になります。
  2.  ローラーパッドを足首にかけてもちあげます。ここで太ももを意識!
    ※股関節を伸ばし、膝を曲げるのがライイングレッグカールのポイントです。

股関節を伸ばすときは、お尻の付け根から足を後ろに動かすイメージで行いましょう。
脚を後ろに蹴り上げるイメージで行えば、太もも裏の筋肉を効率よく鍛えられます

 筋トレには意識が重要

Fitness woman with barbells on grey background

筋力UPできれば、代謝が良くなり、キレイなスレンダーボディが手に入るかも?!
さらに、少ない負荷で効率よく筋力アップすることも可能になります。

腹筋をする際にも、おなかの筋肉を意識するといつもの腹筋と同じ方法でも効果が倍増します。
意識的にマッスルコントロールできるよう、毎日のトレーニングを頑張りましょう♪

 

 

関連記事

女性でもシックスパックは実現可能?体幹を鍛えて腹筋を割る方法

1日5分でOK。女性でも簡単にできる腹筋の鍛え方を伝授

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。