\乾燥・洗い過ぎ注意報発令中/お肌ケアのちょっとしたコツ!!!!

3月になって春もすぐそこ。
ですが、肌の乾燥は2~3月がピークと言われています!
今回はそんな乾燥しがちな季節にやりたい「スキンケア」のコツをご紹介していきます。

よく洗っているのに、ベタつく?

空気が乾燥し、お肌も乾燥しがちなこの季節。

乾燥すると、毛穴も目立ってしまいます。
畑である肌が乾いてクシャと縮まると、毛穴は開いてみえてしまうんです。

150224_2_2

Photo:写真AC

夜はメイクを落としたりしますので、クレンジングや洗顔料を使用しての洗顔をすると思いますが、

「朝もクレンジングからやってます!」

なんてお話を耳にすることがあります。

夜きちんとヨゴレを落として、しっかりとスキンケアをし、朝起きたときにもクレンジングが必要なほど皮脂を感じる場合は、洗い過ぎがかえって皮脂の過剰分泌になっているかもしれません。

150223_2_1

Photo:写真AC

通常朝起きて出ている皮脂は、ある意味自分に一番合った美容液。必要な分泌なのです。

これを洗顔料で取り過ぎてしまうと、角質層の培養を妨げ、肌はさら乾燥し、毛穴は皮脂が足りないと過剰に分泌してしまいます。

洗顔のしすぎ、強いクレンジング剤の使用、こすり過ぎは絶対NGです。

朝は洗顔料をやめてささっと洗顔

朝は洗顔料を使わずに水、またはぬるま湯で優しくこすらずに洗い流し、その後はしっかり、たっぷり化粧水で保湿をして下さい。

image05

夜のメイク落としや洗顔も同じように、クレンジングは手のひらの上で少し温め、自分の指の圧ではなく、優しくクルクルとヨゴレを浮びあがらせて流します。
洗顔はできるだけよく泡立てた泡で包み込むように、少し顔に置いてあげるのもよいでしょう。

毎日のことですから、ちょっとしたことを気をつける積み重ねで、お肌への余計な負担は軽減されます。

優しい洗顔のあとは、つけて外から潤す

不要なヨゴレを落とした後は、朝も夜も、どんな肌質の方も、どの年齢層でも、いつの季節でも、保湿が一番重要です!

高いものをチビチビつけるより、肌にあった惜しみなく使えるものをバシャバシャとつけ、さらに目の周りや口の周りなど乾燥しやすいところは、化粧水の二度つけやコットンパックもオススメです。

image01

Photo:写真AC

乾燥はお肌にとって一番の敵といえますので、しっかり、たっぷりの保湿でぷるぷる肌を保ちましょう。

さらに飲んで中から潤す

空気が乾燥している時期は、内側からの水分補給も大切です。よくいわれることですが、1日1.5Lぐらいお水を飲む習慣をつけられるといいですね。

image03

乾燥だけではなく、身体に水分がちょこちょこ入っていくことで、代謝をあげ、老廃物が流れやすくなっていくため、乾燥予防以外にもお肌へのメリットありです。
このときやはり冷たいお水より、常温のお水か白湯が良いでしょう。

以上、乾燥の季節を乗り越えるコツをご紹介いたしました!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。