夜ヨガとは?夜ヨガのメリットやポーズなどを詳しくご紹介♪

「最近眠りが浅い」「なかなか寝付けない」など悩んではいませんか?そんな方におすすめなのが「夜ヨガ」です。そこで今回は夜ヨガのメリットやポーズなどを詳しく紹介していきます。気になる方はぜひ一度トライしてみてください。

夜ヨガメリット

Silhouette young woman practicing yoga on the beach at sunset. Meditation.

夜ヨガのメリットを紹介していきます。

睡眠の質を良くしてくれる

夜ヨガは、深い呼吸とゆっくりした動きで自律神経を整えてくれます。

そのためリラックスでき、緊張がほぐれ深い睡眠が取れるようになります。

また、寝る前にすることで体が程よく温められ寝付きも良くなります。

代謝が上がる

ヨガをすることで代謝がアップします。

代謝が上がることで消費できるエネルギーが増加します。

体が柔らかくなる

ヨガは体全体を使うためストレッチ効果もあります。

そのため、ヨガをやっていくうちに自然と体がほぐれ柔らかくなります。

夜ヨガはいつやればいい?

milky way, close up view. Professional woman yoga pose foreground.

夜ヨガを行うおすすめのタイミングは、就寝直前になります。

夕食後や入浴後すぐに行うのは内臓や心臓に負担がかかってしまうため控えましょう。

夜ヨガするときの食事は?

Food Table Healthy Delicious Organic Meal Concept

夜ヨガを行う前の食事は腹八分目に抑えてお腹いっぱいにはならないようにしましょう。

また、食事後2〜3時間ほど経ってから夜ヨガを行いましょう。

夜ヨガおすすめポーズ5選

Woman doing yoga exercise

夜ヨガのおすすめポーズを5種類紹介していきます。

ダウンドッグ

足の裏が伸ばされるためストレッチ効果があります。

  1. ヨガマットの上に四つん這いになる
  2. そのままお尻を突き上げるように手足をまっすぐ上に伸ばす
  3. おへそに向かって5回ゆっくりと深い呼吸をする

赤ちゃんのポーズ

お母さんのお腹の中にいるような状態になるためリラックス効果があります。

  1. ヨガマットの上に仰向けになる
  2. そのまま手足を天井に向かってまっすぐ伸ばす
  3. 頭と膝を近づけ背中を丸める
  4. そのまま約30秒キープして深い呼吸をする

橋のポーズ

肩こりなどを和らげてくれる効果があります。

  1. ヨガマットの上に両膝を曲げた状態で仰向けになる
  2. 息をゆっくり吸いながらゆっくり腰を持ち上げる
  3. デコルテ部分と顎がくっつくようなイメージで胸も持ち上げる
  4. その状態で約5秒キープする

鳩のポーズ

足の疲れを和らげ、冷え性にも効果が期待できます。

  1. ヨガマットの上に座る
  2. 右足を前の方に曲げる
  3. 左足はまっすぐ後ろに伸ばす
  4. 左足の指先が上になるように膝を曲げる
  5. 左手の肘を左足の指先に向かって曲げ左足の足先を左手の肘に引っ掛ける
  6. 右手は上に向かってあげ肘を曲げ左手の指と組む

ガス抜きのポーズ

腸内環境を整え、さらに腰痛にも効果的なヨガになります。

  1. ヨガマットの上に仰向けになる
  2. 片方の足を曲げ曲げた足の太ももとお腹がくっつくようにする
  3. その状態で深い呼吸を5回する

夜ヨガをしてから寝ましょう♪

Yoga as physical and spiritual therapy . Mixed media

夜ヨガは睡眠に良い影響をもたらせてくれるため、寝る前に行うことをおすすめします。

ぜひ試してみてください。

 

 

関連記事

今夜から実践、夜ヨガ。ゴールデンタイムは安眠効果抜群!

『夜ヨガ』健康への効果って?一日の終わりに行いたいヨガポーズ3選

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。