ヨガはスポーツ?アーサナーが生み出す本当の意味とは?

心を落ち着かせるため、美容のため、減量したいからなどヨガを楽しむ目的は人それぞれです。ヨガは長い時代の流れの中で様々な形に変化し多様化してきました。今回、ヨガの移り変わりと現在のヨガの在り方のご紹介です。

ヨガはスポーツ的?

Yoga indoors. Yoga class in lotus pose in fitness studio at the leisure center.

ヨガと聞くと心を落ち着かせたりするための瞑想だったり、減量目的や運動不足解消のためのスポーツ的なものだったり、その人によって変わってきます。

なぜこんなにも多様化されているのでしょうか。

それは長いヨガの歴史にあります。

これからもヨガは変化を遂げ、私たちの生活に密着していくでしょう。

この歴史の流れを知っているだけで、よりヨガに愛着が湧きますね。

昔のヨガは今とは全然違う?

Woman doing meditation near Virupaksha temple in Hampi, Karnataka, India

大昔のインドでのヨガは現在のヨガとは全く異なる目的で行われてきました。

僧侶や兵士のための修行の意味合いが強く、忍耐などを鍛えることに利用されてきました。

その時代から変わらないのが『アーサナー』です。

瞑想時の足の組み方や体の持って行き方、呼吸法などは現代のヨガへと受け継がれてきています。

そのヨガが、実は健康に良いと民衆も同じように始め、気が付いた時には世界中の人に愛されていました。

現在はスポーツに近いもの?

Serene meditation yoga. Woman meditating on Hawaiian palm beach in black sarong with red hawaiian lei on her head. Female contemplates ocean in popular Hanauma Bay Nature Preserve, Oahu, Hawaii, USA.

昔のヨガから考えれば現在のヨガはスポーツに近いものとされています。

健康的な体を目指したり、柔軟性や心のバランスを保つために利用されています。

そこにアーサナーが加わって、リラックス効果の高いものにウエイトを置くのか、発汗するようなポーズを取るのかで効果も違ってきます

スポーツのように負荷を変えられ、ポーズの難易度によって自分の好みにできるのが良いですね。

特にアクロバティックな動きは世界中でも人気のあるヨガのジャンルです。

アーサナーは無理しない?

closeup of woman and man on yoga class exercises breathing technique healthy lifestyle concept

現在のヨガ、アーサナーはスポーツ的なトレーニング要素を含んでいるものが多くあります。

初心者さんでも簡単にできるポーズも数多くあります。

しかし、ストレッチに近いヨガはアーサナーがきちんと入っていますが、安易にのぞんではいけません。

アーサナーは体に負荷が強くかかるものもあります

呼吸法と合わせながらゆっくりできることを増やしていきましょう。

スポーツのようでスポーツじゃない!

Yoga Practice Exercise Class Concept, Attractive young sport girls are doing yoga together. Group training. Healthy lifestyle concept.

ヨガは、運動量で言えばスポーツに負けないくらいのハードさがあります。そこにアーサナーと呼吸法が入り、その延長線上にリラックス効果美容効果などの副産物が生まれます。

スポーツのジャンルに入りそうですが、一つ一つのポーズを反復しても毎回自分に受ける感覚が違います。

その感覚を見つめることこそがヨガなんですね。

 

関連記事

ヨガは基本のポーズから!首から肩に効果的なアーサナー3選♪

歴史のあるヨガ。古くから伝わるハタヨガで心身ともに鍛えよう

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。