ゆだねるヨガって知ってる?癒し効果のあるリストラティブヨガで心も体もときほぐそう!

流行りに乗ってヨガを始めてみたけれど、思っていたより難しくてレッスンについていけないという方もいるのでは?ここでは、初心者の方から上級者の方まで無理なくできる癒し系ヨガを紹介します。

ゆだねるヨガって?

Young sporty yogi woman practicing yoga concept, sitting in paschimottanasana exercise, Seated forward bend pose, working out on black mat, studio floor background, legs and hands close up

ヨガは癒し効果が高いことで有名ですが、その中でもゆだねるヨガ(リフトライティブヨガ)はゆるやかに、穏やかに心と体を癒してくれます。

通常のヨガのようにポーズをとっていくのではなく、積極的にボルスターやブランケットなどの補助器具を使用し、体にかかるストレスを開放していきます。

この補助器具があることで普段できない体への圧迫や伸縮を繰り返します。

通常のヨガはハードルが高いと感じている方にも良さそうですね。

リストラティブヨガの特徴は?

Lifestyle shot of young attractive female practicing self-massage technique applying tennis balls for neck and shoulder pain relief, working out on fitness mat on grey studio floor background, closeup

リストラティブヨガは、アイアンガーヨガを元にしています。

癒しやセラピー効果を高めて様々なブロックで体を支え横になったときに完璧に体を預けられる状態を作ります。

一つのポーズを20分程度キープします。

一回のレッスンで行うポーズは4つから5つなのも体への影響を考え極力少ないのも特徴です。

筋肉を程よく伸ばし、気持ちが落ち着いてきます。

けがをしにくいのも良いですよね♪

なぜ体に優しいの?

Various yoga props on studio wood floor. Set of blocks in wicker basket, belts, mat and green cushion in yoga center. Wellness activity concept

人間にはたくさんの関節があります。

実は、この関節を曲げることによって副交感神経が優位に働き、関節をまっすぐにしている時よりもリラックスができます。

ただし、完璧に副交感神経を優位にするためには、不安や恐怖を取り除かなければいけません。

例えば、手をつないでいるような感覚を持つためにアイピローを手のひらに置きます。

そして、静かに目を閉じ深い呼吸をします。

こうすることで筋肉と心がほぐれていきますよ!

初心者にできるポーズは?

Attractive mixed race woman doing restorative yoga

リストラティブヨガは難しいポーズはそこまでありませんが、自宅で簡単にできるポーズが『ヴィパリタカラニ』という壁を使ったポーズです。

ボルスターかクッション、枕を背中に敷き壁に足を向けて仰向けになります。

壁に足がもたれかかるようにしながら両腕を頭上に持っていきます。

ゆっくり呼吸を深くしながらお腹と胸を開くイメージを持ちましょう。

無理しなくても柔軟もできる万能なゆだねるヨガ!

Close-up side view of a young woman working out at home, doing the Sleeping Swan yin yoga posture, medium length.

ヨガの目的に体を柔らかくしたいと考えている方も多いですが、実際中々できなかったりもしますよね。

ボルスターやクッションなどをいくつか使いゆっくり筋肉をほぐすので、柔軟で悩んでいる方の解決にも導いてくれます。

体を補助器具にゆだねて、体を預けていくことで心も体もほぐされますよ!

普段のヨガの合間に行っても良いですし、ヨガを始めたいという方にもおすすめです。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

 

関連記事

まずは続けよう!1ヶ月で得られるヨガの効果

心も体もリラックス。おすすめのヨガミュージック3選

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。