冬に最適なヨガウェアの選び方とおすすめ3選

寒くて体がちぢこまってしまう冬。運動不足にもなりやすい季節ですよね。そんなときこそとりいれたいヨガ!体がほぐれて気分もあがりますし、冬太りにも効果的ですよね。寒い時こそヨガを続けたいあなたに、今回は最適なヨガウェアを提案します♪

ウェアの選び方

ヨガウェアを選ぶ時にまず気を付けたいのは下記の5つ。

体にフィットしている?


ellerose.official
ellerose.official

ヨガ用のウェアもないし、おおきめのTシャツやジャージでいいや…と思っているあなた。

合わないサイズだと、体の動きによってはめくれたりずれたりして恥ずかしい思いをするかもしれませんよ!

しっかりとしたアーサナをしたい時は体にフィットしたウェアが欠かせません。

まず形から、はヨガではとても大切なのです。

着心地のいい素材?(伸縮性や吸汗性)


lovemananet
lovemananet

肩やひざの可動に制限を感じると、それだけできちんとしたアーサナができませんよね。

冬は着替えなど寒く感じる瞬間もあるので、露出の少ない服を選びたいところですが、汗をたくさんかくこともあるので、伸縮性と吸汗性のある生地を選びましょう。

透け感が気にならない?

季節を問わず気になるのが汗で濡れた生地が透き通って下着や肌が見えてしまうこと。

真冬であっても、ホットヨガなどでは吸汗性のある地厚なものや色の濃いものを選びましょう。

通常のヨガでは組み合わせてあるレイヤードタイプがおすすめ。

ヨガ中の体温変化に対して着たり脱いだり調節できるメリットがあります。

ケアがしやすい?

ウェアを選ぶときに忘れがちなのが洗濯などのケア。

汗をかくので意外と頻繁に洗う必要がありますよね。

ある程度しっかりした縫製と、繰り返しの洗濯にも耐える生地を選ぶ必要があります。

 着るとモチベーションがUPする?


cocoaaaaa
cocoaaaaa

これを着ると、それだけでヨガがしたくなる、そんなウェアが欲しいですよね!

気に入ったデザインのウェアがあったら、上の4つの注意点をチェックしてみるという選び方がいいかもしれません。

おすすめヨガウェア

suria ニーハイレッグウォーマー


suriaginza
suriaginza

リブニットのヨガ用ニーハイレッグウォーマー。

かかととつま先があいているので滑る心配もありません。

寒い時期はロングパンツやレギンスをはきたいところですが、体が動かしにくくなってしまいますよね。

これなら動きを制限することなく、寒さも防げますよ。

「suria」公式サイト

ヨギー・サンクチュアリ コンフィレギンス


yoggy_sanctuary
yoggy_sanctuary

露出の多いボトムスだと冷えが気になりますよね。

ヨギー・サンクチュアリのレギンスは足首まである長めのレギンスですが、立体的なシルエットで下半身をしっかりと包んでくれるので安心。

しっとりとした生地なのに速乾性にも優れています。

生地は適度に厚みがあるので、下着の線も気になりません。

「yoggy sanctuary」公式サイト

グラズ・レスピレ アウトラストロングT


glaz_respirer_japan
glaz_respirer_japan

NASAのために開発された新素材「アウトラスト」を使ったチュニック。

暑い時は涼しく、寒い時は温かく温度調節してくれるので、冬だけでなく1年中使える優れもの!

ヒップが隠れる長さと、サイドのギャザーが体形をきれいに見せてくれるので、レギンススタイルにピッタリですね。

「GLAZ RESPIRER」公式サイト

寒さに負けず、お気に入りのウェアでヨガを楽しんでくださいね。

 

 

関連記事

話題の「オムニボールヨガ」!新感覚のヨガ体験を

ヨガ初心者でもOK!簡単にできるポーズ3選

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。