飲むだけで本当に痩せる?!今話題「まいたけ茶」の作り方と効果

テレビ番組の「得する人損する人」で紹介されたまいたけ茶って知っていますか?芸能人がまいたけ茶ダイエットに挑戦して見事3週間でマイナス3キロを達成したそうです。これは興味が湧きますね!一体まいたけ茶が何なのかを詳しくご紹介しましょう。

まいたけ茶って何?

Tea time. Beautiful blonde woman holding ceramic cup of tea or coffee enjoy closeup. Looking at window and drink tea. Good morning with tea. Selective focus. Pretty young girl relaxing. Happy concept.

簡単に言えば舞茸を煮出した汁がここでいう「まいたけ茶」です。

えっ、それだけ?と思った方も多いのではないでしょうか。

かなり新しいですよね。

なぜまいたけ茶がいいのか、どうやって作るのかなどをここから説明していきますね。

なぜまいたけ茶なの?その効果は?

Japanese maitake mushroom for autumn food image

そもそも舞茸はダイエットに効果のある食材だと言われています。

舞茸にはMXフラクションという成分が含まれているからです。

うれしいことにMXフラクションは痩せやすくて太りにくい身体にしてくれます。

これはキノコ類のなかでは舞茸だけが持つ成分なのです。

じゃあ舞茸を食べればいいんじゃないの?というと残念ながらそうではありません。

ダイエット効果のあるMXフラクションという成分は菌糸という硬い殻の中にあるので、普通に調理して食べるだけではわずかしか摂取できないそうです。

そして100℃以上のお湯の中で煮出さないとMXフラクションが溶けて出てこない仕組みになっているのです。

食べていても得られない貴重な成分がまいたけ茶にはたくさん含まれているのです。

だからまいたけ茶を飲むとダイエット効果につながるんですね。

まいたけ茶の作り方

Young woman standing by the stove in the kitchen .

ここでは作り方を紹介します。

1 600ccのお湯を鍋で沸かす

2 舞茸1パックをほぐして沸騰したお湯にいれる

3 鍋にふたをして30分煮出して完成

お好みでレモン汁を入れると飲みやすくなります。

作り方は簡単ですね。見た目は麦茶のような色になります。

まいたけ茶は冷たくしてもホットで飲んでもどちらでも構いません。

残った舞茸は料理に加えて使うと、煮出した後もムダにはなりませんよ。

まいたけ茶を飲んでダイエット

Love for coffee. Portrait of cute girl drinking enjoying her tea on the balcony over outside terrace with green bush background, wearing blue grey blouse and having breakfast, with pleasure relaxing

まいたけ茶を1日に500ml飲むとダイエット効果があると言われています。

そしてタイミングは朝昼晩の食事の前に飲むのが最も効果的です。

何よりうれしいのがこれさえ守れば、食事制限する必要がないことです。

かなりハードルが下がりますね。

食事前に飲んでも500ml飲みきれない時は、のどが渇いた時にこまめに飲むようにしましょう。

まいたけ茶のアレンジ方法

Female hands hold glass teapot, pour tea into mug. Wooden table in cafe is served for two for tea, top view.

まいたけ茶は人によっては味が苦手な人もいると思います。

いくら飲むだけでダイエット効果があると言われても、おいしくないと飲むのも大変ですよね。

そこでトマトジュースにまぜて飲んだり、まいたけ茶にコーヒー豆を直接いれて一晩冷蔵庫に寝かせコーヒー風味にしたりすると少し味が和らぎます。

ラーメンが食べたくなったら、出汁をお湯で作らずまいたけ茶で作るとダイエット効果とラーメンを食べた満足感が両方得られます。

ぜひまいたけ茶をアレンジしながら色々と試してみてくださいね!

 

関連記事

ダイエットの味方!おからパウダーの効果とレシピ3選

『飲む美容液』甘酒。米麹甘酒と酒粕甘酒の違いって何?

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。