【1分ダイエット】電車やバスを待ち時間で身体のバランスUP!

ダンサー&プロポーショントレーナーの奥原怜美です!
この企画では普段の生活の中で、誰でも簡単に取り組むことができる「エクササイズ」をご紹介していきます!
女性らしく美しいボディメイクのお手伝いをダンサーという立場から、読者の皆様へ発信していければと思っています。

今回ご紹介するのは…
「電車やバスを待ちながらできる簡単エクササイズ」!

立ったまま電車やバスを待つことは日常生活ではよくあることですよね。
その時間をちょっとしたエクササイズに使ってみませんか?
もちろん周囲にバレないようにできる方法なので恥ずかしくありません!
やり方は超カンタン!是非チャレンジしてみて下さい。

片足立ちお手軽エクササイズ!

その名の通り、片足で立つだけ。

しかし、これが意外と全身に効いて、嬉しいトレーニング効果が期待できます。
慣れないうちは両足を床に付けたままでOKです。

image04

コツはウエスト周りを薄く保ち、大臀筋(お尻の筋肉)を使うこと。
決してガチガチに固めてはいけません。全身をしなやかに引き上げましょう!

このエクササイズでは通常の筋トレでは鍛えにくいと言われるインナーマッスルを鍛えることができます。ダンサーにとっても非常に大切な筋肉です。

身体の内側にありバランスを保つ役割を持っている筋肉のことです。
もちろん、身体の表面にある大きな筋肉であるアウターマッスルも使っていないとバランスを保つことは難しいので、全身を意識するようにして下さい。

身体のバランスが良くなると、身体のゆがみがとれて様々な不調が軽減されます。
生き生きと毎日を送るためにもぜひチャレンジしてみて下さい。

不思議な感覚!しかし効果抜群。両かかとで床をはさむエクササイズ

これも電車やバスを待っている間に両かかとで床をつかむだけです。
かかとだけでなく、お腹やお尻の筋肉も引き締めて使うようにしてください。

image02

※左が両かかとで床をはさんでいる姿勢。右は両足の間がゆるんだ姿勢。

「両かかとで床はさむ」と聞くと日常生活では縁のない運動のように感じるかもしれません。
しかし、スポーツクラブなどでは脚同士を近づける筋肉(内転筋)を鍛える「アダクター」というマシンがあり、効果的なトレーニングメニューの1つとして行われています。

image01

実はこの太ももの内側にある「内転筋」は美しい姿勢を保ったり、機能的に走ったり歩いたりする際に大活躍する筋肉なのです。

そして内転筋をはじめ、骨盤周りの筋肉が使えるようになることにより、脚も細くなります。
ダンサーにとっても、かっこよく踊るためには不可欠な筋肉です。

そしてこの内転筋に刺激を与えると、女性ホルモンが活性化して婦人科系の不調も改善すると言われています。

image03

Photo:写真AC

つまり、内転筋を鍛えると美しく健康になれるのです!

わざわざジムに行かなくても、電車やバスを待っている間に内転筋を鍛えて美しくなっちゃいましょう!

また電車やバスに乗りながらエクササイズを行うことも、さらに難易度の高いエクササイズとしてオススメです!

動画はこちらからどうぞ!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。