『飲む美容液』甘酒。米麹甘酒と酒粕甘酒の違いって何??

健康や美容に良いと言われ、『飲む点滴』『飲む美容液』と称される、今大人気の甘酒。大きく2種類に分けられるのを知っていますか?一つは‟米麴甘酒”、もう一つは‟酒粕甘酒”です。この2つの違いと、それぞれの効果について紹介します。

米麴甘酒とは?

Japanese malted rice Koji

米麴甘酒は、お米と水と米麴で発酵させて作った甘酒のことです。

甘酒と言っても、アルコールを含まないので、お酒が飲めない人や、妊婦さん、子供や車を運転する人でも飲むことができます。

甘味の成分は、麹菌の酵素により発生した、ブドウ糖オリゴ糖で、砂糖を使っていないのでローカロリーです。

米麴甘酒の効果

ダイエット効果

米麴甘酒には、リパーゼという脂肪をエネルギーに変えてくれる酵素や、ビタミンB群が豊富に含まれているので、新陳代謝が活性化されることで、ダイエット効果が期待できます。

また、ブドウ糖を多く含んでいるので、食前に飲むと満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐことができます。

疲労回復

ビタミンB群が豊富に含まれていることで、疲労回復にも効果が期待できます。

蓄積された疲れや、夏バテにもとても効果的なので、冬だけでなく今の時期にも積極的に摂取したいですね。

便秘解消

オリゴ糖の働きで、腸内環境の改善が期待できるので、便秘解消にも一役かってくれます。

免疫力改善

ビタミンB群にプラスして、パントテン酸、ビオチン、葉酸などのビタミンも含まれています。

この豊富なビタミンによって免疫力改善が期待できます。

アンチエイジング

イソロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、などの体内では合成できない必須アミノ酸9種類が含まれているので、老化防止にも良い効果が得られるようです。

酒粕甘酒とは?

酒粕甘酒は、酒粕を水で溶いて砂糖で甘味を加えた甘酒のことです。

酒粕が原料のため、温めてもアルコール分は残ってしまうので、お酒の苦手な人や、妊婦さん、小さい子供には向きません。

砂糖が入っているので、米麴甘酒に比べるとカロリーは高めです。

酒粕甘酒の効果

Sweet Sake

美肌、美白効果

酒粕甘酒は、セラミドによる肌の保湿効果、スフィンゴ脂質アルブチンといった美白成分も豊富に含まれています。

肌のターンオーバーを活性させる、ビタミンB1B2などのビタミンB群が豊富に含まれているので、美肌効果も期待できます。

疲労回復

こちらも、ビタミンB群が豊富に含まれていることで、疲労回復に効果が期待できます。

コレステロール値をさげる

酒粕に含まれる、レジスタンスプロテインといタンパク質は体内の消化酵素で分解されにくい特徴をもっています。

そのため、水溶性の食物繊維と同じような働きをすることで、コレステロール値を下げてくれます。

便秘解消

酒粕には100g中5.2gの食物繊維が含まれいて、お米と比べると約10倍もの量になります。

この食物繊維は不溶性のため、水溶性の食物繊維同じ働きをするレジスタントプロテインと2つの効果で便秘解消に効果的です。

睡眠の改善

酒粕に含まれる清酒酵母には、アデノシンA2a受容体という深い眠りを誘発する物質の活性化を高める効果があることがわかっています。

それぞれにとても良い効果がある

Cold sweet sake with ice

二つの原料の違いと、効果を見てきましたが、2つともそれぞれに体にとても良い効果がありますよね。

これだけ体に良い甘酒ですが、飲みすぎては逆効果になってしまいます。

目安は1日コップ一杯200mlと言われていますので、ぜひ容量を守って、キレイで元気な体を手に入れましょう♪

 

 

関連記事

キレイをつくる!神秘的な青いお茶『バタフライピー』の効果・効能とは?

身体の内側からキレイに♪東京『コールドプレスジュース』のお店5選

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。