お風呂の時間をヨガタイムに♪浴槽でできるヨガポーズ

お風呂でヨガをすることにより、たくさんの効果が期待できます。普通にヨガを行うよりもお風呂で行ったほうが効果も上がります。ここでは、お風呂ヨガのメリットとやり方を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お風呂ヨガのメリット

An Attractive girl relaxing in bath on light background

  • 筋肉が温まって、体の柔軟性が上がるので体を動かしやすくなる。
  • 浮力で体が軽くなるので、ポーズが楽にできる。
  • 高い温度下での運動で体が温まり、血液の循環が促進されるので新陳代謝が上がる。
  • 汗を沢山かくことで、むくみの解消デトックス効果がある。

お風呂ヨガの注意点

Back view of a young woman having bubble bath and looking at window

  • お湯の温度は、のぼせないようにするために38~39度くらいにする。
  • 脱水症状にならないように、入浴前にコップ1杯の水を飲んでおく。
  • 浴槽につかって3~5分体を温めてからヨガを始める。
  • 滑りやすい時は、タオルなどをひいてケガを防止する。
  • ポーズを続けていて気分が悪くなったりした時は無理をせず、すぐにお風呂から上がる。

サギのポーズ

Beautiful sporty fit happy young woman in black sportswear working out indoors against grunge dark blue wall. Model doing Heron posture, Krounchasana. Full length.

サギのポーズは、足を上に持ち上げることで老廃物やリンパが流れやすくなり、冷えやむくみを改善し、太ももの引き締めにも効果があります。

  1. 両足を伸ばして座ります。
  2. 右ひざを曲げて、右側のお尻の辺りに右足のかかとを持っていきます。
  3. 左ひざを曲げ両手で胸の方に引き寄せ、背筋を伸ばします。
  4. 左足の土踏まずを両手で持ち、息を吸いながら左足を真っすぐ引き上げます。
  5. 5~6回呼吸をしながらポーズをキープします。
  6. 息を吐きながら、左足をゆっくりと下ろし、右足も元に戻します。
  7. 反対側も同様に行います。

ポイント

足を引き上げる際に、背中が丸くならないように気をつけましょう。

半分の魚の王のポーズ

Young woman practicing yoga at home in front of window, sitting in Parivrtta Sukhasana exercise, Revolved Easy pose, working out wearing black sportswear shorts and top, full length, studio background

半分の魚の王のポーズは、肩、首、お腹、背中や腰をストレッチすることができ、お腹や背中お尻の引き締めに効果が期待できます。

また、肝臓や腎臓などの内臓を刺激することで機能を整える効果もあります。

  1. 両足を伸ばして座ります。
  2. 右膝を曲げ、右足を左足のももの外側に置きます。
  3. 左足は横に曲げ、かかとが右のお尻の辺りにくるようにします。
  4. 右腕は後の床に置き、息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら左腕で右膝を抱えるようにして、ゆっくりと体をねじっていきます。
  5. 視線は後方を見つめ、5~6回呼吸をしながらポーズをキープします。
  6. 息を吐きながら、ゆっくりと⑴の体勢に戻します。
  7. 反対側も同様に行います。

ポイント

体をねじるときに、背中が丸くならないように気をつけましょう。

お風呂ヨガはいいことがいっぱい

Young Woman in the Bathroom

お風呂ヨガはお風呂に入りながらでき、浴槽なのでヨガマットも必要ありません。

そのうえ体に良いメリットがたくさんあるので、ぜひ始めてみてくださいね♪

 

 

関連記事

初心者向け!簡単「椅子ヨガ」のポーズとやり方

初めてでも失敗しない!ヨガウェアの選び方

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。