体が冷えるのは冬だけじゃない!暑い日もホットスムージーで消費カロリーアップ

ダイエットや美容のためにスムージーを毎日の習慣にしている人も多いと思います。手軽に野菜や果物を摂ることができるので、忙しい毎日にもとっても便利ですよね。そんなスムージーですが、みなさんはキンキンに冷えたものを飲んでいますか?暑い季節であっても冷えた飲み物は代謝を下げる原因となります。ここでは、ホットスムージーのメリットとレシピを紹介します。

 スムージー

Smiling young asian woman drinking green fresh vegetable juice or smoothie from glass at home

スムージーは、凍らせた野菜や果物をそのままミキサーにかけて作った飲み物のことです。

一般的な野菜ジュースと違い、皮や種もそのままミキサーにかけます。

ビタミンやミネラル、食物繊維などを手軽に摂取でき、野菜不足も解消されます。

生の野菜や果物、凍ったものを使うので、スムージーは冷たいまま飲むのが一般的です。

 暑い季節も油断できない体の冷え

Woman drinking vegetable smoothie after fitness running workout on summer day. Fitness and healthy lifestyle concept

体が冷えるのは寒い季節だけではありません。

暑い季節は、どこに行ってもエアコンの風にさらされ、さらに暑いとついつい冷たいものを摂りがちになってしまいます。

冷えた体では、スムージーの効果である酵素の力は発揮されず、血行不良や新陳代謝の低下にもつながります。

そして何より、脂肪を蓄えようと脂肪はつきやすくなり、結果「太りやすく痩せにくい体質」になってしまいます。

 ホットスムージー

Dreamy woman with coffee looking through window

寒い季節だけでなく、暑い季節にもおすすめなのがホットスムージーです。

水を飲むのも常温が良いと言われているように、体温に近い温度で摂ることにより体にうれしいことが盛りだくさん!

身体の中から温めることで、血行が促進され、代謝が上がります。

全身の血行が良くなると疲れにくい体になり、免疫力の向上や肩こりの解消にもつながります。

体温が1℃上がると、それだけで1日の消費カロリーも増えるんです。

つまり、同じ生活をしていても、体温を上げるだけでダイエットに成功するということです♪

ホットスムージーレシピ

 ほうれん草×バナナ×ヨーグルトのホットスムージー

参照:レシピブログ

ホットスムージーと言っても、レンジでチンするだけなので簡単です♪

無糖ヨーグルトでもバナナを入れることにより甘くなります。

ヨーグルトは温めることで、カルシウムの吸収率がグッと上がりますよ!

レシピ

 トマトのホットスムージー

参照:レシピブログ

本来なら身体を冷やす効果のあるトマト。

温めることで、リコピンが吸収されやすい形に変化し、リコピンの吸収率が2~3倍になるんです。

リコピンの抗酸化作用は強く、シミ、シワ、くすみなどを防ぎ、美肌効果が期待できます。

紫外線がさらに強くなるこの季節は、トマトでお肌も守りたいですね!

リコピンの他にも、ビタミン、ミネラルも含んでいるので、疲れた体におすすめの一杯です。

レシピ

ヨーグルトや、トマトの他にも、バナナや人参など。

温めることでその効果がアップする食材もたくさんあるんですよ。

ぜひ、自分に合った食材を見つけてくださいね♪

 

 

関連記事

効果ある?話題の「KOMBUCHA(コンブチャ)」の効果・効能

キレイをつくる!神秘的な青いお茶『バタフライピー』の効果・効能とは?

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。