カミソリ負けから肌を守る!自己処理するときに気を付けたいこと

これからの季節、女性にとってシェービングは必須です。しかし、せっかくのお手入れした肌もカミソリ負けしてしまってはもったいないですよね。ここでは、カミソリ負けの原因と対策を紹介します。カミソリ負けを予防して肌見せファッションを楽しみましょう♪

カミソリ負けって?

Slim woman shaving her leg

一言にカミソリ負けと言っても、人によってさまざまな症状があります。

お手入れ後、肌がひりひりと痛くなったり、痒くなったり、ブツブツができたり、ひどい場合には出血してしまうこともあります。

カミソリ負けと言うと、皮膚が弱い人がなるイメージがありますよね。

しかし、カミソリ負けは、肌トラブルで悩んだことがない人も引き起こしてしまう可能性があるのです!

カミソリ負けの原因

Close up of woman shaving legs in bathroom

カミソリの刃は肌に当たるだけでも、角質に細かな傷をつけてしまいます。

肌の表面はあまり目には見えませんが、凸凹しています。

凸凹している部分を気づかないままに剃ってしまうことで傷がついたり、出血したりしてしまいます。

また、シェービングの後は、角質が落ちて肌が敏感になっている状態です。

そのままケアせずに放置したり、刺激を与えたり、熱いお湯につかったりすることで、ひりひりしたり、痒くなったりと、肌が炎症した状態になってしまうのです。

 予防するには?

 清潔に保つ

Razor with shaving foam

カミソリを清潔に保ちましょう。

濡れたカミソリは水分をふき取り、しっかりと乾燥させます。

カミソリは濡れるたびに劣化するため、放置している酸化してしまいます。

保管場所はなるべく湿度が低い場所に保管することも大切です。

 

 シェービング剤を使用する

beauty product

シェービングクリームやシェービングジェルを塗ることで肌への負担を軽減させることができます。

ボディソープや石鹸では肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、乾燥を引き起こしてしまいます。

カミソリ負けの原因となるためシェービング剤を塗ってから処理を行うようにしましょう。

 カミソリ負けしない剃り方

Young and positive woman shaving her legs in the bath with foam and candles.

上から下へ毛の流れに沿うように剃るのがポイントです。

毛の流れとは反対方向に向かって剃りたくなりますが、逆剃りしてしまうと皮膚まで引っ張られ、肌を傷めてしまいます。

剃りにくい箇所はカミソリを動かす向きと反対方向に皮膚を引っ張ることで毛が立ち上がり、きれいに剃ることができます。

 アフターケアで肌を保湿

Woman applying coconut oil on legs, closeup

シェービング後は、ボディクリームやボディオイルで保湿ケアを行いましょう。

 

肌を出す機会が多くなるこれからの季節、カミソリ負けしないようにしっかりと対策していきましょう!

 

 

関連記事

フランスでボディケア部門1位獲得!ストレスフリーでツルツル新商品の泡除毛

意外と気づかれている?!顔の産毛ケアの正しいやり方とは

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。