どんな資格が必要?「ヨガインストラクター」になる方法

健康ブームの今、ヨガインストラクターは人気の高い職業です。ヨガが大好きな人にとって、夢のような職業と言っても良いでしょう。年齢に制限もないので、インストラクターになりたいという情熱があれば何歳からでも目指せます。ここでは、ヨガインストラクターになるための2つの方法を紹介します。自分に合った方法で、インストラクターを目指してみませんか?

国内認定校に通う

Group of young sporty girls with yoga mats standing at white wall. Female companions in gym resting after fitness, indoor full length, loft studio, copy space

インストラクターは特別な資格がなくても指導することができます。

日本では、全米ヨガライアンスが認定した国内にある養成学校での資格取得が一般的です。

200時間、もしくは500時間のプログラムを修了することで、ヨガの知識と技能を身に付けることができます。

全米ヨガアライアンスとは、1999年に2つの団体が合併し、アメリカを拠点に設立された非営利団体です。

世界50か国以上で認知されたヨガの組織で、全米ヨガアライアンスで資格を取得すれば、海外でもインストラクターとして指導することが可能です。

「Registered Yoga Teacher」の頭文字をとって「RYT」とも呼ばれています。

こんな人におすすめ

  • ヨガスタジオを経営したい人
  • 幅広い知識を身に付けたい人
  • 海外でもインストラクターとして活躍したい人

ヨガスタジオに就職して学ぶ

Cropped shot of people doing yoga in a studio

養成学校に通うほかにも、ヨガのスタジオや教室に就職し、社内研修を受けてインストラクターになる方法もあります。

ヨガ未経験者でも研修に合格すればインストラクターとして働くことが可能です。

社内研修なのでインストラクターになるための費用の負担を抑えることができ、さらに資格取得後はそのまま働けます。

こんな人におすすめ

  • ヨガスタジオの社員として働きたい人
  • 費用を抑えたい人

どんな人に向いている?

fitness, sport, training and lifestyle concept - group of smiling women stretching in gym

  1. ヨガが好きな人
  2. 人と関わることが好きな人
  3. 体力に自信がある人
  4. 責任感のある人
  5. 向上心が高い人
  6. 前向きな人

ヨガが好きであることは絶対条件と言っていいほど重要ですが、それだけではインストラクターは務まりません。

ヨガの知識と技能を身に付けてもそのレベルを保ち続ける必要があります。

情報は日々変わる可能性があるため、常に専門的な知識を勉強をすることが求められます。

また、指導する立場として、責任感を持たなくてはなりません。

生徒とのコミュニケーションも必要となり、幅広い年齢層と良い関係を築く必要があります。

毎日、60~90分のレッスンを行うため体力も求められます。

成功するためには?

Group of young sporty people practicing yoga lesson with instructor, stretching, doing Glute Bridge exercise, female teacher correcting dvi pada pithasana pose, working out, indoor full length, studio

ヨガインストラクターとして働く前に、まずは気になるスタジオに通ってみましょう。

スタジオの雰囲気を感じ取ることができ、自分に合っているか、そうでないかを見極めることができます。

さらに、インストラクターと生徒がどんな会話をしているのか直接聞くこともできますよ!

また、ヨガスタジオに就職して研修をしてインストラクターになる場合は、事前にしっかりと内容を把握しておきたいですね。

ヨガスタジオを経営したい場合には、指導者や生徒の集客も必要となるため、ネットやチラシで情報を発信することも大切です。

ヨガのスタジオは全国に数多くあるため、コンセプトを明確にすることも重要です。

どんなスタジオを経営したいのか、どのように活躍していきたいのか、目指す目標を明確にしておきましょう。

 やる気があればインストラクターになれる!

fitness, yoga and healthy lifestyle concept - group of people meditating in lotus pose at studio

ヨガインストラクターは国家資格が必要ないので、さまざまな方法で道が開けます。

ただし、最低限の研修を受けるよりも解剖学や哲学を学び、ヨガの深い知識を身につけた方が長い目で見たとき、収入面でも成果が出やすいですよ!

ヨガインストラクターを目指してみませんか?

 

 

関連記事

まずは体験から!東京都内の「ヨガスタジオ」3選

海外で大人気!ジヴァムクティヨガって何?

 

 

 

 

オススメ記事
ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。