すっきり!『ぽっこり下腹』を引き締める簡単エクササイズとは?

気付いたら『下腹』がぽっこりしていたという方も多いのではないでしょうか?ダイエットを頑張っていても、ぽっこりと出てしまう『下腹』はどうやって解消すればいいのでしょう。そこで、『ぽっこり下腹』に効果的なエクササイズをご紹介します!

『ぽっこり下腹』の原因は?

Thin and beautiful woman (only torso) measuring her waist with a tape measure, in the background fruit in a bowl

どれだけダイエットや運動に励んでも、下腹だけぽっこりして困っているという方も多いでしょう。

おへその上は、ろっ骨が見えるくらい細いのに、下腹だけなぜかぽっこりしているのには原因があります。

「筋力の低下」でぽっこり下腹に

Body care, pregnancy diet concept, female hands forming heart shape on the stomach

ぽっこりした下腹のほとんどが、「筋力の低下」が原因として考えられます。
腹筋が弱っていくと、お腹のお肉が重力に負けて落ちてくるので、下腹がぽっこりしてしまいます。

また、腹筋には内臓を支える働きもあるので、腹筋の筋力が低下することで内臓を支えきれなくなってしまい、下腹がポッコリと出てしまうのです。

さらに、普段から猫背など肩や腰が曲がった悪い姿勢で生活してしまうと、お腹周りの筋肉が低下してしまいますよ!

「骨盤のゆがみ」も下腹をぽっこりさせる

Business woman's high heel shoes in smart business lobby

椅子に座るときに足を組んだり、鞄をいつも同じ肩にかけていたりしませんか?
そうした習慣で骨盤はどんどん歪んでしまいます。

骨盤が歪むことで便秘になってしまうことも!

便秘で腸に便やガスが溜まると、下腹がぽっこりと膨らんでしまいます。

ぽっこり下腹のオススメ解消エクササイズ♪

Healthy and motivated woman exercising and getting fit

それでは、下腹だけを集中的に鍛えるエクササイズをご紹介します。

ただの腹筋運動とはちがい、下腹の筋肉を意識したトレーニングです。

エクササイズを行うことで、筋肉のトレーニングになるだけでなく、筋肉に適度な刺激が与えられ、脂肪燃焼や骨盤の歪みへの対策にもなりますよ♪

お尻ウォーキング

Yoga seria: Dandasana or Staff Pose is an asana.

お尻を使って歩くことで、普段使わない下腹の筋肉を刺激します。
腰のひねりや骨盤を傾かせる動きを使って歩くことをしっかり意識して、骨盤のゆがみを整えましょう。

  • やり方
  1. 背筋を伸ばして、足はしっかりとかかとを合わせて、ローマ字の『L』のように座ります。
  2. そのまま腕を振り、腰をひねりながら、前へ後ろへと、お尻で歩きます。

レッグレイズ

Caucasian woman is practicing yoga at studio

腹筋を鍛えるだけではなく、下腹の筋肉トレーニングとして高い効果が期待できますよ♪
お腹のインナーマッスルを鍛えることを意識しながら、ゆっくり行いましょう!

  • やり方
  1. マットなどを敷いて、床に仰向けになります。
  2. その状態で両足をしっかり真っ直ぐに伸ばします。
  3. 腰を支点にして、両足を床と垂直になるまで、ゆっくり上げていきます。
  4. ゆっくり両足を元のポジションまで、床におろしていきます。
  5. これを10回程度、3セット行います。

下腹を引き締めてスッキリさせましょう♪

Woman in blue jeans with naked back isolated on white brick wall

今回ご紹介した下腹エクササイズといっしょに、普段から意識的に下腹を引っ込めてみましょう!

下腹を引っ込めるために力を入れることで、腰に筋肉がつき、下腹を引き締めることができますよ♪

ぜひ継続して、スッキリとした下腹を目指してくださいね。

 

 

関連記事

1日10分で便秘改善!お腹すっきり腸活ストレッチ5選

簡単にくびれメイク。ぷよぷよお腹を引き締める方法

 

 

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。