定番中の定番。『食べ順ダイエット』のおさらい

「食べ順ダイエット」という言葉をよく耳にするようになったのは少し前ですね。もはやダイエッターの定番ではないでしょうか?食べ順ダイエットの良いところは、いつもの食事で実践できるところです。ダイエットしている人は真っ先に取り入れたいですね!

食べる順番

Fish set meal

  1. スープや味噌汁などの汁物
  2. 野菜や果物などの食物繊維
  3. 肉や魚、卵などのタンパク質
  4. ご飯や麺類、パンなどの炭水化物

 食べ順ダイエットの目的

woman eating salad

 血糖値上昇の抑制

炭水化物(糖質)を摂取すると血液中の糖質の量(血糖値)が上昇します。
血糖値が上昇すると、糖質をエネルギーとして利用するためのインスリンが分泌。
食後に増加した糖質は、本来インスリンによってすぐに処理されますが、血糖値が急激に上昇すると処理しきれずに脂肪として蓄えてしまいます。

先に野菜などの食物繊維を摂ることで、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

 満腹感で食べ過ぎ防止

healthy breakfast with fruits and juice

食事の中でもカロリーの高い炭水化物を空腹時に最初に食べてしまうと、必要以上に食べ過ぎてしまいます。
最初に汁物を摂り、野菜や果物などの食物繊維を食べることで満腹感が得られます。
食物繊維を多く含むものは「よく噛むもの」が多く、満腹中枢を刺激します。

そして、タンパク質。
炭水化物を食べる頃には空腹もおさまり、糖質の過剰摂取を防ぐことができます。
食べ順ダイエットでは、「よく噛む」ことも重要なポイント!
炭水化物の量も自然に減らすこともできるかもしれませんね。

 食べ順ダイエットのポイント

 糖質は最後に

carbohydrate food background

汁物、野菜の順番で食べますが、汁物に含まれるじゃがいもや大根、サラダに含まれるレンコン、とうもろこしなど、糖質が多いものは炭水化物と同じく最後に食べるようにしましょう。

食べ順ダイエットでは、「糖質は最後に」が基本です!

 1品ごとに食べきる

Japanese miso soup in a white bowl on the table. horizontal view from above

食べ順ダイエットは、1品ごとに食べきりましょう。
ちょっとずつ順番に食べていくのではなく、汁物なら1番最初に飲み切ります。

 よく噛む

空腹のときこそよく噛むことを意識しましょう。
「噛む」ことは、満腹中枢を刺激し、満腹感を得ることにつながり、消化吸収も上がります。
食物繊維や、タンパク質、よく噛まなきゃ食べられないものを選ぶのもおすすめです。

『食べ順ダイエット』で無理なく痩せる

Young woman eating salad and holding a mixed salad

食べ順ダイエットは、食べる順番を守って食べるだけの簡単なダイエットですが、食べる順番を守れば食べ過ぎても良いというわけではありません!

いつもの食事量で、食べる順番を変えることがポイント。

食べる量を減らす必要がないのもこのダイエットのメリットです。

ぜひ食事をするときには、順番に気を付けて食べてみてくださいね!

 

 

 

関連記事

痩せてる人は実行してる。簡単カロリーオフ習慣を身につけよう

実践すれば痩せやすい体質になれる!心がけたい7つの食事法

 

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。