全身の角質はどう取る?ケアの方法と注意するべきポイントとは

ふと肌を触ってみるとザラザラしていてお風呂で洗ってもなかなか取れない、という経験はありませんか?実はそれ『角質』なんです!そこで今回は、わざわざエステに行かずとも家で出来る全身ケアの方法と行う際の注意点についてご紹介していきたいと思います♪

角質を取る方法

顔(肌全体・小鼻の周りなど)

Woman wakes from sleep and she was cleansing the morning before shower

  • ピーリング

ピーリングとはドラッグストアなどで販売しているピーリング剤を使用して古い角質を溶かし擦り落とす方法です。
古い角質を落とすことで毛穴に詰まった汚れも落ち、肌がつるんとした肌触りに生まれ変わります。

汚れや角質を落とすことで肌に化粧水や保湿剤が浸透しやすくなり、スキンケアもしやすくなるのがメリットです。

あくまでも古い角質や汚れを落とすためのケアなので毎日行うのは控えましょう。
刺激や外部からのダメージを受けやすくなってしまうので、週2回程度がベストな回数です。

  • スクラブ洗顔

スクラブの入った洗顔料も最近では多く販売されていますよね。
洗った後もさっぱりし、洗顔するだけで汚れや表面の角質は落とすことができるのが魅力です。

しかし、やりすぎてしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい乾燥に繋がることも。
毎日の洗顔にプラスして、週に1回程度スクラブ洗顔を行うのが効果的ですよ。

体(肘・かかとなど)

Hair Removal Concept. Closeup Of Beautiful Woman's Hand With Natural Manicure Touching Sexy Long Legs. Young Female Touching Her Perfect Hairless Smooth Soft And Silky Skin. Beauty Body Care Concept

  • 垢すり

古くからある角質ケアの方法として、擦って落とす「垢すり」があります。
ドラッグストアや100円ショップでも販売している垢すり用のタオルや軽石などで擦るだけ!

しかし、こちらも擦りすぎは良くありません。
注意しなければならないのは古い角質だけを落とすということです。

薬剤を使わず、直接汚れを擦り落とすのですから優しく気になったら行う程度にしましょう。

  • 塩で研磨

薬剤より簡単に行えるのが、角質を塩で研磨する方法です。
塩でかかとや肘を擦ると血行も良くなり、肌に合うか合わないかを確かめるパッチテストをする必要もありません。

しかし塩は粒も大きく肌に傷をつけてしまう可能性もあります。
そのため肌が敏感な方にはあまりお勧めできません。

角質ケアを行う際の注意点

 定期的に行うということを念頭に

Woman splashing face with water above bathroom sink

どの方法もやりすぎるとお肌を傷めてしまうことに変わりはありません。
古くなった角質を落とし肌本来の輝きを取り戻すためのケアですから、毎日行う必要はないんです。

週に何度か、またはザラザラが気になると思ったときに行ってくださいね。

 ポイントは毛穴の開き

Beautiful woman lying down in the bath with foam and looking at the window, relaxation at home, hygiene and health care, happy and peaceful day spa

古い角質を落としやすくするためには毛穴の開きが重要なポイントです。
毛穴が開いていない状態でケアをしても、詰まっている角質は取り除けずにそのまま残ってしまいますよね。

そこで角質ケアにベストなタイミングは「入浴中」または、「入浴後」
血行が良くなることで毛穴も十分に開いていますし古い角質も浮き、取れやすくなっている状態です。

ですので、入浴後に洗ってもザラザラしていると感じたら角質ケアを行いましょう♪
古い角質を落とすことはお肌にとっても効果的なのでぜひ試してみてくださいね。

 

 

関連記事

角質をやわらかくするのが重要。正しいケアで自信が持てる肌へ

サボンのボディスクラブで古い角質を除去!しっとりとした肌を手に入れませんか?

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。