寒い時期こそしっかりケア!サラツヤのキレイな手を保つ方法♪

毎年冬になると訪れる悩みの一つに、手の荒れはありませんか?カサカサの手は見るだけで気分も下がり、ひび割れなんてしていまったら痛みもあって大変ですよね。そこで今回はそんなお悩みとさよならする為の方法をご紹介したいと思います。サラツヤの女性らしい手を手に入れましょう♪

なぜ手が荒れるのか?

 紫外線や乾燥

Closeup on woman's hands applying moisturizing hand-cream on

元々手の皮膚は、体の中でもとても皮膚が薄い部分
そこに冬の乾燥と紫外線という刺激が加わることで、乾燥に繋がります。

夏に比べて冬は日焼け止めなどで紫外線対策をする方は少ないと思うのですが、冬も紫外線対策をしっかりと行うことで手の荒れを防ぐことができます。

運転したり外に長時間いる場合は、日焼け止めをしたり手袋をするのがおすすめです。

 日常に潜んでいる手荒れの原因

Kitchen, woman, Dishwasher

毎日している方が多いと思いますが、食器洗いにも手が荒れてしまう原因がいくつか隠れているんです。

  • 食器用洗剤による荒れ

食器にはたくさんの油分が付着しているので、それを落とす為に強い成分が含まれています。
私たちの手にも乾燥しない為に適度な油分が付いているのですが、食器用洗剤はその油分まで落としてしまいます。

食器洗いをした後は手が突っ張る、なんて方はこの現象が起きている証拠なんですね。

  • お湯による荒れ

お湯で洗った方が食器の汚れは落ちやすいのですが、手のうるおいをバリアしている機能も同時に落としてしまいます。
このバリアがなくなるとひどい場合はひび割れて手遅れになってしまうので、早めに対策していきましょう!

<対策法>

  • 食器はなるべく水につけて汚れを落ちやすくし洗う時間を短くする
  • ゴム手袋を使用する(ゴムで手が荒れる場合もあるので、なるべく短時間使用する)
  • 洗剤を低刺激の物にする

 手のケアは寝ている間に

Top view of attractive young woman sleeping well in bed hugging soft white pillow. Teenage girl resting, good night sleep concept. Lady enjoys fresh soft bedding linen and mattress in bedroom

手は日常生活の中でとても使う部分なので、水や紫外線を避けるのにも限界があります。
寝ている間にも手のケアをしていきましょう!

  1. 手にハンドクリームを塗る
    塗る時は、手の皮膚に刷り込むように丁寧に!
    この際手のマッサージも同時に行うと結血行が良くなり、よりハンドクリームの効果を実感することができますよ。
  2. ハンドクリームを塗ったら、通気性の良い手袋をつける。
    綿製品で肌に優しい素材の物を選びましょう。

荒れてからやるというよりも、荒れる前からこのような対策をする事でキレイな手を維持することができますよ!
試しに一度やってみてくださいね♪

オーガニックハンドクリーム

 WELEDA ざくろハンドクリーム 50mL  1944円(税込み)


jam0605
jam0605

夜の集中ケアとしてもおススメな、WELEDAのざくろハンドクリーム。
ざくろのフルーティな香りは睡眠時に、リラックス効果もあるんですよ♪

オーガニックなので、安心して使うことができますよね。
一日の終わりの贅沢として、WELEDAのざくろハンドクリーム使ってみてはいかがですか?

日常生活の中でも刺激を常に受けている手は、しっかりとケアしてあげることが大切なんですね。

手は年齢が現れると言われているので、入念にケアしてキレイな手を維持していきましょう♪

 

 

関連記事

気になる冬の手荒れ。食べ物や日ごろのケアで対策を!

冬の手荒れを解消する“はちみつ“ハンドクリームが新発売!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。