ブーツを人前でぬげますか?キレイは足元から!ブーツのお手入れ方法

寒くなってくるとブーツの出番が増えますよね!そんなブーツですが、正しいお手入れ、保管をしていますか?

脱いだあとのブーツのお手入れ

Polish cream, cloth and wooden brush for boots cleaning

 防水スプレー

防水スプレーは、できるだけ新しいうちに、履く前にかけておくのがベスト。
汚れがつきにくく、汚れたときや履いたあとのお手入れが楽になりますよ♪

 ブラッシング

履いたあとは、シューズ専用のブラシでブラッシング。
汚れがついたところだけ、一部だけでなく全体的にブラッシングするのがコツです。

 汚れ落とし

Colorful sponges in detail as background

汚れがついたときは、シューズ用のスポンジやクリーナーを使って落とします。
柔らかい布や、スポンジにクリーナーをつけポンポンと優しく汚れを落としましょう。

クリーナーを直接ブーツにつけてしまうと、シミやムラの原因になってしまうことも。

 湿気とり

ancient newspapers

長時間履いたブーツの中は、思っている以上に汗を吸っています。
なんとコップ一杯分の汗を吸っていることもあるんだそうです。

脱いだあとにすぐに収納するのはNG!
しっかり乾燥させることで雑菌の繁殖を抑え、ニオイがつくのも防いでくれます。

また新聞紙は湿気を吸いとるのに効果的です。
脱いだあと、丸めて入れておくのを習慣にするのも良いですね!

 消臭スプレー

通気性が悪く、蒸れやすいブーツには消臭スプレーを使いましょう。。
消臭スプレーはニオイを抑えるだけでなく、ニオイのもととなる雑菌の増殖も防いでくれます。

保管方法


115ham
115ham

形が崩れやすいブーツは、そのまま置いておくと倒れてシワになったり、よれたり・・・。
そんな悲しいことを防ぐためにもブーツキーパーを使って保管しましょう!
ブーツキーパーには炭や重曹などを使った消臭効果のあるものもあります。

ブーツキーパーがないという人も家にあるもので簡単に作ることができるので、わざわざ購入する必要はありません。


ayakousaka
ayakousaka

お家にある布で袋を作ったり、ハイソックスを使ったり。
新聞紙を丸めたり、棒状にするだけでも立派なブーツキープが作れます。

重曹や殺菌作用のあるお茶の葉などをソックスに詰めるのもおススメです。

長期保管

Couple shoes put in the carton boxes storage

長期保管する場合には、ブラッシングでホコリや汚れを落とし、風通しの良い場所で陰干ししてから収納しましょう。

カビは一度発生すると完璧に取り除くことはできないと言われているので、このひと手間がとても重要です。

保管している間も、時々出して風通しすることでより清潔に保つことができますよ。

 ローテーション

Wild West retro leather cowboy hat and old boots. Vintage style filtered photo

寒いこの季節は、ブーツしか履かないという人もいると思います。

履いたらしっかり乾燥させることが大事です。

お金をかけることなく手軽に実践できるので、ぜひお家でも試してみてくださいね!

 

 

関連記事

これでいきなり脱いでも安心!ブーツの臭い対策法

その消臭剤や芳香剤…置いてある場所でソンしてるかも?

 

 

 

 

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。