胃腸にやさしいキャベツたっぷり!時短、簡単のキャベツ鍋レシピ3選。

キャベツはお腹いっぱい食べられてお財布にも優しい。これからの季節は、お鍋に大活躍です!どんな食材との相性もバツグンで、体に良い効果もいっぱい。キャベツに含まれる成分は人にも優しく、ストレスが多い現代ではたくさん摂ってほしい野菜です。今回はキャベツ鍋のおすすめレシピをご紹介いたします。

キャベツ

Fresh green garden cabbage on rustic wooden background

キャベツは年中通して食べることができ、冷蔵庫の中の常備野菜の一つではないでしょうか?
日持ちもして、炒め物から煮物、サラダまで幅広く使える便利な野菜です。

そんなキャベツは、3~4月頃の春キャベツと呼ばれる葉が緑でパリパリした歯ごたえが特徴のもの、12月~2月頃の葉が白く厚みのある冬キャベツがあります。

春キャベツは、生のまま千切りにしてサラダなどに、冬キャベツは煮込みなどに向いているそうです。

キャベツの栄養価

Sliced cabbage on the table. To cut a young cabbage. Green cabbage. To grow cabbage. To cook food. Fresh vegetables. Radish and cabbage. To prepare the salad. Cabbage soup diet. Benefits of cabbage.

キャベツと言えば、食べる胃腸薬!有名なのは「キャベジン」
ビタミンUと呼ばれるもので、胃腸の粘膜の修復を促す成分で、キャベツを冷蔵庫で保存すると増えるそうです!

また、ビタミンCも豊富に含まれています。
ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつでコラーゲンを生成し、皮膚や粘膜の健康維持に欠かせません。
そして、病気など、精神的、物理的なストレスへの抵抗力を強めてくれるので、ストレスの多い人ほど摂ってほしい成分です。

 おすすめの鍋レシピ

 生姜でほかほか豚バラキャベツ鍋

参考:レシピブログ

たっぷりキャベツが食べられる鍋。
豚バラを炒めるときのニンニクが、しっかりスープのコクも出してくれます!

そして、仕上げにかける生姜と黒コショウは、体の中からしっかり温めてくれる食材
寒い季節の鍋にはピッタリな食材です。

彩りに加えたにんじんのベータカロテンには、風邪予防の効果もあります!

レシピ

 チキンボールとキャベツのカレー鍋

参考:レシピブログ

いつものキャベツを使った鍋とは、ちょっと違う少し洋風な鍋

寒い季節、カレーの匂いはやっぱり食欲をそそります。
チキンボールの下味にもカレー粉を使っているので、少なめのカレー粉でもしっかりとカレーの味!を感じることができます。
そして、スープには、やっぱりキャベツの旨み成分がしっかり出ています。

キャベツは、サッと火を通したり、しっかり煮込んだりと、いろいろな食感も楽しめます。
シメのうどんまで、あますことなくしっかり味わってほしい一品です♪

レシピ

 豚肉とキャベツの豆乳チーズ鍋

参考:レシピブログ

名前を見てもう絶対おいしい鍋です。

豆乳には、美肌効果、便秘解消、整理痛の緩和など、女性にとって嬉しい効果がたくさん!
牛乳とよく比較されますが、牛乳に比べカロリーも低く、鉄分も豊富です。

ダイエット中や、貧血予防にも最適。

火が通りやすい食材ばかりなのもポイント!

忙しい人にも栄養満点、時短でできるので、おすすめしたい鍋です。

レシピ

サラダではあんまり量が食べれないキャベツも、鍋にすることでたくさん食べることができます。
外食や飲み会が増えてくるこの時期、たっぷりキャベツで胃腸に優しく!
合わせる食材や、トッピングは無限大。
自分にあったキャベツ鍋で美容にも健康にも良いことづくし♪

 

 

関連記事

腸の中から美しく!ナイナイアンサ―で話題の乳酸キャベツダイエット

即効性アリ!食前にキャベツを食べるだけのお手軽ダイエット★

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。