寒いから無理?冬にこそ必要!1日5分で効果絶大お部屋の換気

みなさん、部屋の換気はしていますか?特にこれからの季節、意識しなければなかなか換気することはないと思います。換気は「空気を入れかえるだけ」そんなイメージではないですか?でも実は換気にはたくさんの働きがあるんです。寒い季節、快適に過ごすための換気、ぜひ参考にしてみてください!

自然換気していた昔の家

Luxurious new construction home in Bellevue, WA. Modern style home boasts two car garage framed by blue siding and natural stone wall trim. Northwest, USA

木材や紙などの天然材料で建てられていた昔の家は、すきま風などで自然に換気していたそうです。
しかし、アルミサッシなどが使われるようになった現代の家は、気密性や断熱性がぐっと高まり、自然に換気できなくなってきました。
そこで、計画的な換気をする必要があるのです。
「たかが換気」と思ってしまいますが、換気が必要な理由がちゃんとあるんです。

換気が必要な理由

 新鮮な空気の入れ替え

Portrait of a girl relaxing on a sofa after work at home sitting on a sofa in the living room at home with a warm light of sunset

人の呼吸で吐き出される二酸化炭素
気密性の高い部屋では二酸化炭素の濃度が高くなり、息苦しさや頭痛の原因となります。
また、ガスや石油ストーブなどで、一酸化炭素中毒の危険もでてきます。
新鮮な酸素が少なくなってくると、脳の働きもにぶり集中力の低下にもつながります。

 ハウスダスト

Sweeping dust with black broom on a wooden floor

外から入ってくるホコリや、人の体から落ちる垢は防ぐことができません。
そのホコリや垢をエサに繁殖したダニ、ダニの糞、室内のほこりなどのハウスダストは、いつも空気中を舞っています。
汚れた空気は、粘膜や気管を傷め抵抗力が落ちるので、アトピー性皮膚炎や鼻炎などのアレルギーを引き起こしてしまう危険があり、風邪もひきやすくなってしまいます。

 除湿

drops on slekle after rain

特に寒い冬場は、暖房を使用することで室内で発生した水蒸気が発生し、結露が起きてしまいます
その結露がカビの原因となり、ダニの繁殖へとつながっていきます。
さらに、湿気は床や壁を歪ませたり、家を劣化させてしまう危険もあります!

換気の方法

Sofa

 風の通り道をつくる

一つの窓を開けたらその反対側の窓も開けて、風の通り道をつくります。
対極に開けることで空気の流れが生まれます。
また、「温かい空気は上昇する」という性質があるので、高い位置にある窓と低い位置にある窓を開けると、熱気のこもった空気は上へ逃げ、下から新しい風が入ってきます!
窓が一つしかない場合などは換気扇でも大丈夫です。

 5cm、5分開ければ良い

換気と言えば窓全開!と思ってる人も多いと思いますが、5cm程度で良いんです!
窓を全開にしたからと言って早く換気できるというわけでもないんです。
そして換気の時間も、6畳~8畳の部屋だと5分もあれば部屋の空気は全部入れかわります。
「5cm、5分」これなら寒い冬でもさっとできますね♪

 頻度は2時間に1回

換気の理想的な頻度は、2時間に1回と言われています。
でも理想は理想ですから、朝昼夜の3回など、できる範囲で時間を見て換気するようにしてください!

これからの季節、窓開けたら寒くて風邪ひいちゃう!なんて思っていた人いませんか?
風邪やインフルエンザなどの感染症対策にも1回5分の換気。
新鮮な空気で、部屋だけじゃなく体も心もスッキリ、リフレッシュ!を心がけてくださいね!

 

 

関連記事

夏のダメージを受けた髪を修復。冬に備える対策法

寒い日はお部屋で。冬になると見たくなる、ほっこり心温まる映画5選。

 

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。