体の中から温まる。煮込みスープで万全!冷え性対策

暑かった夏も終わり、あっという間に冬ですね。寒い冬は、乾燥、体の冷え、風邪などたくさんの問題が!何をどう対策したら良いのか、困ってしまいますね。でも、そんな時は、温かいスープ。切って煮込むだけなのに栄養豊富、体の芯からほっこり、冬バテ知らずの体作りに一役も二役もかってくれるんです。ぜひ日課にしたいスープ、参考にしてみてください!

体の冷え

Cold, Woman

女性に多い冷え性、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
「私、冷え性なんだよね。」とあまく見てはいけません!

体の冷えは、万病の元と言われるほどで、百害あって一利なし。
肩こりや、頭痛、腰痛、不眠などの不快症状から、肌荒れやめまい、貧血なども。
そして体の冷えは、代謝を下げ、脂肪や老廃物を体に溜め込み、痩せにくく太りやすい体を作ります。

冷え性の原因は、ビタミン、ミネラル不足や、運動不足、冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎなど。
どんどん寒くなってくるこれからの季節、冷え性を放っておいてはいけません。

体を温める食材

Closeup of freshly harvested vegetables (turnips, beetroots, carrots, round marrow), top view

食材には、体を温めるものと、冷やすものがあることを知っていますか?

体を温める食材は、主に冬が旬の野菜、土の中で育つ野菜で、にんじん、ごぼう、玉ねぎ、かぼちゃ、生姜など。
体を温める必要がある寒い地方で育つものが多いです。
逆に、体を冷やす食材は、夏が旬の野菜、地上で育つ野菜、きゅうり、トマト、なす、レタスなど。
体の熱を下げる必要がある暖かい地方で育つものが多いです。

「旬のものを食べる」実は理にかなっていることなんです!
現代では、季節関係なく一年を通していろいろな食材が手に入るようになり、それが冷え性の原因にもなっているそうです。

体を温めるスープ

Hot turkish bean stew with a tasty tomato sauce.

食材を切って煮込むだけ!お手軽なのに、栄養いっぱい、体の中から温まるスープ。
ゴロゴロの具だくさんを楽しんだり、ポタージュにしたり。
寒い季節になると無性に恋しくなりませんか?

野菜、生姜、コショウなど、もう体が冷えることなんてない!というくらい、体が喜ぶスープ。
温かいスープは冷え性改善だけじゃなく、代謝を上げてくれるので風邪の予防にも最適です。

 

おすすめスープのレシピ

 王道!ポタージュスープ

体温め野菜、里芋、ネギに、生姜、黒コショウをプラス。
黒い食材、黒コショウや、ごま、黒豆などには血管を広げ血液の流れを促す働きがあり、冷え性改善や脂肪燃焼にも効果があります!
さらに、黒コショウに牛乳で乾燥に負けないお肌の潤いも!

ポタージュ状にするので、野菜のカットはササッとテキトーに!
下準備の楽ちんさもおすすめポイントです。

レシピ

 王道②!生姜スープ

玉ねぎやにんじんなど、お好きな野菜をコンソメで柔らかくなるまで煮て、おろし生姜を入れるだけ!
たくさんの野菜と、生姜の香でホッとするスープです。

スープなら、水に溶け込んだ食材の栄養も残すことなく摂取できます。
また、じっくり煮込むことで消化も良くなり、体にも優しい。
このスープ一杯でたくさんの効果が期待できますね♪

レシピ

今は、スープジャーや、ポットジャーなど持ち運びに便利なものがたくさんありますよね。

いつものスープや、飲み物に生姜や黒コショウをちょっとプラスするだけでも!
寒さに負けない体作りのために温かい煮込みスープ、日課にしてみませんか?

 

関連記事

【ちょい足し】インスタントスープにひと手間でおいしく♪

脂肪燃焼スープダイエットの効果UPが期待できるおすすめレシピ

 

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。