野菜は皮ごと!栄養を丸ごと食べちゃおう♪

野菜の皮は自然と剥いて捨ててしまう方が多いと思います。しかし皮には栄養がたくさん含まれていることもあるんですよ!今回は良く使う野菜の皮のメリットと、おススメの皮ごと調理のレシピを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 野菜の皮に含まれている栄養素

organic food background Vegetables in the basket

自然と皮を剥き、捨てちゃう事が多い野菜の皮。

その皮には捨てるのがもったいないほどうれしい栄養素が含まれている事があります。

皮には農薬が付いている、土や泥が汚いと思う方がいると思いますが、売られている状態の野菜は基本的には皮ごと食べられるようになっています。
もちろんきちんと洗う事は必要ですが、食べても問題ないので安心して皮ごと食べる事に挑戦してみましょう!

 野菜によって異なる皮の栄養素

玉ねぎ

onions on a wooden board

まずは出番の多い玉ねぎの皮について紹介していきます!

玉ねぎの皮には、玉ねぎポリフェノールとも呼ばれているケルセチンという成分が含まれています。
その他プロトカテク酸という成分も含まれているのですが、の2つの成分には抗酸化作用が期待できるんです!

抗酸化作用には血液をサラサラする働きもあります。
おススメの食べ方は一度皮ごと洗ってから乾燥し、お湯で煮出す玉ねぎの皮茶です。
調理法も簡単で、ティータイムにもぴったり♪

高血圧予防・アンチエイジングに 玉ねぎの皮茶 レシピ

  • 材料
  • 玉ねぎの皮 茶色の部分 / 2個分
  • 水 500cc

材料は皮とお水だけ!

飲むと血糖値も下がるので、ゆっくり落ち着きたい時におススメです。

レシピ

 

じゃがいも

Potato

じゃがいもの皮にはビタミンや鉄、他にも食物繊維が多く含まれています。

じゃがいもの栄養の20%は皮にありますので、捨ててしまうのはとても勿体いないことなんです。
皮は剥きやすく食べる時も邪魔になりませんので、皮つきの調理に挑戦してみてくださいね♪

皮まるごとポテトサラダ

  • 材料
  • じゃがいも 小2個
  • 玉ねぎ 20g
  • パプリカ(赤・黄・オレンジなど) 計20g
  • ハム 20g
  • マヨネーズ 大さじ1(12g)
  •  1g
  • こしょう 少々
  • グリーンリーフレタス 20g
  • ミニトマト 4個

皮をまるごと使ったポテトサラダは、いつもよりオシャレな仕上がりに♪
パーティの一品にももちろん、パプリカの鮮やかな色合いがお弁当のアクセントにもなってくれますよ。

皮ごとおいしく、無駄も出さず食べてみてくださいね!

レシピ

かぼちゃ

butternut squash over old wood background

 

これからの時期旬のかぼちゃは、皮ごと調理しやすい野菜でもあります。

かぼちゃの皮にはβカロテンという成分が豊富に含まれており、食物繊維をたくさん摂る事ができます!

βカロテンは食べると身体の中でビタミンAに変化してくれ、皮膚を強化してくれるので肌荒れ予防にもなりますよ。

皮ごと食べられるおススメのレシピは、ほっこり身体も温まる煮物料理です。

基本のかぼちゃの煮物

  • 材料
  • かぼちゃ 400g(種を取り除いて)
  •  400cc
  • 顆粒出汁 小さじ2
  •  大さじ1
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 薄口醤油 大さじ1
  • 濃口醤油 小さじ1

基本の作り方を覚えておくことで、ささっと作れる自慢の料理になりますよ。
かぼちゃは保存に向いている野菜でもあるので、丸々1個買っても使い切る事がしやすいです。

作り方も簡単ですので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

レシピ

良く使う野菜を紹介しましたが、他にもにんじん、大根、ごぼうなどの野菜も皮ごと調理におススメです!

皮を捨てないのはエコにもなりますので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

 

 

関連記事

さっと入れるだけで栄養満点になる”野菜パウダー”って知ってる?

野菜の栄養素って知ってる?栄養価の高い野菜TOP3をご紹介

 

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。