カフェインの効能とは?夜にコーヒーを飲む注意点

食後のコーヒーが癖になっている方も多いのではないでしょうか?コーヒーは頭を覚ます効果があり、朝に飲めば仕事を集中できるなどコーヒーはたくさんの方に愛される飲み物です。では夜にコーヒーを飲むとどのような効果が得られるのでしょう、コーヒーのうまい活用法をご紹介いたします。

 

カフェイン飲料の効果

morning, coziness, winter and people concept - close up of happy young woman with cup of coffee or cocoa drink in bed at home

コーヒーはカフェイン飲料であり飲むことで利尿作用が期待できます。

朝に飲めば頭を覚ます効果ともう一つの効果が疲労回復。

仕事終わりや夜の時間に飲むコーヒーは体内の疲れ成分を外部に逃がす効果があります。
眼精疲労や肩こりなどリンパの流れを活性化させますが夜コーヒーを引用する際に注意すべき点があります。

朝とは違い夜コーヒーを飲む場合、多く飲むことを避ける事をまず忘れないでください。

 

入眠時前のカフェイン飲料は要注意!

Coffee cup and coffee beans on table

これから眠ろうとする場合に、飲み方によってはコーヒーは入眠を邪魔します。

カフェイン飲料は頭を覚醒させる働きと利尿作用があるので、夜のコーヒーの多飲が入眠を妨げる効果をもたらすので注意することが大事です。

コーヒーなどのカフェイン飲料は飲む時間帯を考える必要があります。
夜の時間も働く方は朝と同様にコーヒーを飲んでも構いませんが、睡眠を妨げる様なカフェインの効能を逆手に取った飲み方は良くないと思われます。

入眠を妨げない飲み方とは?

woman's hand holding a cup of Turkish coffee "espresso" on the wooden table. Istanbul, Turkey

カフェインの効能と体の自律神経である交感神経と副交感神経は共にリンクしています、

これから動き出し脳が活性化して心臓の拍動が多くなる朝にはコーヒーなどのカフェイン飲料は交感神経の動きを助長する働きがあります。

また夜には、交感神経の働きと真逆の働きをする副交感神経の働きで人は同じ時間に睡眠を取ることができます。
その際、もし飲む場合でもコーヒーなどのカフェイン飲料は少量にするかコーヒーの濃度を変えるなど細かな配慮が必要です。

夜飲む場合はカフェインが入っていない温かいミルクがおすすめです。
たっぷりミルクをいれて、香りと温かさが上質な眠りに誘います。

もしくは夜飲むときはノンカフェインのコーヒーに変えるのもおすすめです。
カフェインレスコーヒーとして販売しているものもあります。

たんぽぽコーヒーなどは妊娠中にも飲めるコーヒーとしても人気です。

もう一度コーヒーとの付き合いを考えてみよう

 

Cheerful women gossiping while having coffee in living room

デスクワーカーにとって定期的に飲むコーヒーは欠かせませんね。

しかしカフェインの働きを十分に知らないと画期的なカフェインの効能を逆手に取る事になります。
この際もう一度コーヒーとの付き合いを考えてみましょう。

 

関連記事

普通のバターコーヒーとは違う!?完全無欠コーヒーってどんなもの?

MCTオイルってなに?MCTオイルコーヒーや効果などをご紹介。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。