秋はさつまいもの季節!体に嬉しい効果もたっぷり

秋と言ったらさつまいもが美味しい季節ですよね。焼き芋やスイートポテトが有名なさつまいもですが、他にも調理法はたくさんあるんですよ。今回はそんなさつまいものおススメの食べ方をご紹介したいと思います♪更に、体にとっても嬉しい効果がたくさんあるのはご存知ですか?実は、女性の大敵であるむくみや便秘を解消してくれるんです。詳しく説明していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 さつまいもの食べごろ時期

sweet potato boiled is delicious

一般的には9月~11月に収穫されますが、実はさつまいもには旬が2回ほどあるんです!

収穫したての9月~11月だけでなく、収穫の後2ヶ月ほど保管し、水分を飛ばすと甘さが増してさらにおいしくなるからなんです。

美味しいさつまいもを選ぶ基準は、ずんぐりと太く皮につやがあって色が濃く、実のよくしまったものがおすすめ

 さつまいもの主な効果

fresh organic sweet potato in the wooden crate

 代謝に必要なビタミンBが豊富

ビタミンBは代謝機能を活性化させるのにかかせないビタミンです。

糖質、脂質の燃焼にとても重要で、太りにくい体を作ってくれます。

さらに、エネルギー効率を高めてくれるので疲労回復も期待できます。

 美肌になるための栄養素も!

そして体だけではなくお肌の新陳代謝も活発にしてくれます。

お肌の代謝が鈍るとニキビ、くすみといった肌トラブルが増えてしまいますが、肌の代謝が改善することでニキビができにくい肌へと導いてくれますよ。

 むくみ改善にも役立つ

1日に摂取した水分は、そのままにしておくとむくみの原因になります。

さつまいもに多く含まれるカリウムという成分は、水分を排出してくれる効果があるので、むくみや水太りの改善をしてくれるんですよ。

 便秘改善も期待できる

さつまいもを食べると、おならが良く出るというのはみなさんご存知ですよね?

実はさつまいもに含まれている食物繊維が、腸を刺激することによって起きている現象なんです!

食物繊維は便の排出を助けてくれる効果がありますので、便秘改善も期待できるんですね。

 アンチエイジング効果

さつまいもに含まれているビタミンEは、アンチエイジング効果がとても期待できるんです。

特に皮の部分に多く含まれているので、皮ごと食べられる調理法がおすすめ。

 さつまいものおすすめ調理法

 さつまいものレモングラス煮

皮ごと食べられて、調理も簡単な一品です。

レモングラスを使うことでさわやかさもプラスされ、飽きずにパクパク食べられちゃいます。

作り置きにも適しているので、お弁当のおかずにもいかがですか?

レシピ

 さつまいもパン

毎日料理をする時間がない時は、パンを作り置き♪

マッシュしたさつまいもを練りこんでおり、落ち着く甘味が癖になりますよ。

冷凍保存しておき、食べる時に少しチンするとホクホクの焼き立てを味わえます。

レシピ

 ホクホク♡さつまいもドーナツ

食欲の秋に食べたくなるデザートには、食物繊維も摂れるさつまいもドーナツで美容効果も期待しちゃいましょう♪

黒ゴマがアクセントになり、何個でもいけちゃう素朴な味わいにほっこり。

steamed sweet potatoes

 

さつまいもには、嬉しい効果がたくさんあるんですね。

旬の季節においしく食べて、更にキレイを目指していきましょう♪

 

関連記事

コグマと言っても熊じゃない!韓国で大ブームの「コグマダイエット」とは?

あなたは知ってる?栄養価が高い食材「まごわやさしい」を食事に取り入れよう!

 

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。