【Shall we ダンササイズ?】デスクワーク中にエクササイズ

ダンサー&プロポーショントレーナーの奥原怜美です!
この企画では普段の生活の中で、誰でも簡単に取り組むことができる
「エクササイズ」をご紹介していきます!
女性らしく美しいボディメイクのお手伝いを、ダンサーという立場から読者の皆様へ発信していければと思っています。

長時間のデスクワークや手作業は不調のもと

長時間のデスクワークや手作業など、同じ姿勢をずっと続けている人は、腰痛や肩こりなどの不調を感じやすいと言われています。

そのような方は、肩こりがひどくなり、ますます姿勢が悪くなってしまう。
重度の腰痛になり、数週間にわたり仕事ができなくなってしまう。

・・・など、潜在的な危険にさらされています。

image00

Photo:写真AC

また、仮にいい姿勢を保てていたとしても、その姿勢を何十分も続けるのはやはり身体に負担がかかります。
手遅れにならないように、今から対策を練っておきましょう。

身体の声に耳を傾けていますか? 体をいたわる習慣を

デスクワーク中、30分〜1時間に1度は席を立って様々な方向に身体をストレッチするなど、身体の声を聞きつつ、いたわる習慣をつけましょう。

ダンサーである私にとって、身体がサビ付いて動かなくなることは恐ろしいことです。
動かさないとどんどん筋力が衰え、また柔軟性もなくなり固くなっていくのが人間の身体というものです。
常にボディをチューニングして、ベストコンディションをキープすることに努めましょう。

毎日ちょっとした隙間時間に身体の声を聴き、ケアをすることは、一週間に1〜2回ジムに通うよりもはるかに身体にいいことなのです。
これからの人生、肉体的にも精神的にも好影響を与えてくれるはずです。

頭の後ろで両手を組むお手軽エクササイズ!

今回はデスクワークしながらできるお手軽なエクササイズをご紹介します。

  1. 頭の後ろで両手を組みます。
  2. 両手で後頭部を軽く押しながら、両肩を降ろし、肩甲骨同士を引き寄せるようにします。
    ※お腹も引っ込めて胴体を薄く保つようにしてください。
  3. そのまま交互に左右に倒していきます。
    右に倒すときは左の腰に乗り、左に倒すときは右の腰に乗るのがコツです!

    ※肩甲骨ごと動かしましょう!

  4. image03

  5. 次に身体を前に倒し、おへそをのぞき込むように背中を丸めます。
    ※肩甲骨の間を広げるようにします。
  6. 次に後ろにそらし胸を開きましょう。
    ※肩甲骨同士を引き寄せます。

image02

動画はこちらから!

いかがでしたか?

コツは伸びているのを感じながら気持ちよくストレッチすること。何度か繰り返せば、辛い肩こりも吹っ飛びます。
このように、いつも頑張っている身体をいたわってあげる習慣をつけていきましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。