たくさん動いて筋肉をつけたいなら「アシュタンガヨガ」をやろう

普通のヨガに物足りなさを感じている方におすすめの「アシュタンガヨガ」。運動量が多いこのヨガは、筋肉を刺激して理想のボディに近づけてくれます。また「アシュタンガヨガ」を通して、頭をクリアにする事ができるので、体だけでなく気持ちにも変化をもたらしくれますよ。

ヨガは筋トレ効果もある

Portrait of athletic young woman workout at fitness class in evening

ヨガは体を柔軟にしたり、リラックスさせてくれるのはもちろんですが、筋肉をつけたい方にもおすすめです。

特にヨガはインナーマッスルに効きます。

ヨガでインナーマッスルを鍛える事で嬉しい効果がたくさん得られるのです。

 

インナーマッスルを強化

Portrait of beautiful young woman wearing black sportswear working out in studio. Fit sporty girl stretching with closed eyes. Eka Pada Rajakapotasana Pose, One-Legged King Pigeon Posture. Side view

インナーマッッスルは外見には現れませんが、体を思い通りに動かす時に役立つので、とても大切な筋肉です。

またインナーマッスルを鍛えると、日常生活を普通に送るだけでも基礎代謝がUPしているので、カロリー消費量が多くなり、自然と痩せやすい体質へ変えてくれるのです。

そこでおすすめなのが、「アシュタンガヨガ」です。

 

アシュタンガヨガって?

fitness, sport, training and lifestyle concept - group of smiling women stretching in gym

「アシュタンガヨガ」は、アーサナ(=ポーズ)の順番で行い、呼吸をするタイミングや回数も決まっているのが特徴です。

運動量も多く、筋肉をつけたい方にもおすすめ。

また動く瞑想とも言われていて、心も頭もクリアにしてくれるそうですよ。

そのため、ストレスをコントロールするのにも役立ちます。

しっかり動いて筋肉をつけられる事から、男性にも人気のヨガです。

 

アシュタンガの「8本の枝」

Portrait of gorgeous young woman practicing yoga indoor. Beautiful girl practice cobra asana in class.Calmness and relax, female happiness.Horizontal, blurred background

「アシュタンガ」はサンスクリット語で「8本の枝(8支則)」とも言います。
ヨガを行う上で、知っておいた方が良い8つの概念のことです。

  1. ヤマ(禁戒)
  2. ニヤマ(勧戒)
  3. アーサナ(坐法)
  4. プラナヤーマ(呼吸法)
  5. プラティヤハーラ(感覚制御)
  6. ダーラナ(集中)
  7. ディアナ(瞑想)
  8. サマーディ(三昧)

軽く頭に入れておくだけでも、ヨガへの理解が深まって効果も違ってきますよ。

アシュタンガヨガのポイント

Redhead caucasian woman breathing while sitting in lotus yoga pose at the green wall

呼吸のポイント

  1. 口を閉じて、ゆっくりと鼻から息を吸います。
  2. 胸を大きく膨らませて、出来るだ多く息を吸います。
  3. 鼻から吐きます。

視線のポイント

視線は一点に合わせ集中しましょう。

難しい場合は、まずは自分の鼻先を見る様に、意識すると良いですよ。

腹筋のポイント

ポーズをとっている時は、に下腹部を背骨の方へ引きつけるようにしましょう。

恥骨から尾骨間の括約筋も引き締めるのもポイント。

 

たくさん動いて汗をかけば、気分爽快!

しっかり筋肉を刺激して、引き締まった体を目指しましょう!

 

関連記事

呼吸を大切にする歴史あるヨガ。「アシュタンガヨガ」のポーズで魂を磨こう!

エクササイズ効果ありの「アシュタンガヨガ」がダイエットに効果的!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。