ヨガのインストラクターになるには?資格や必要な知識について

最近では、人気モデルや有名人が多く通っていることでも話題となっている「ヨガ」。初心者にも、インストラクターが手取り足取りレッスンしてくれますよね。このヨガのインストラクター、実は資格が必要ないということを知っていましたか?今回は、資格や必要な知識についてご紹介していきます。

そもそもヨガとは?

Asian woman yoga on the beach vintage color

ヨガは、まず瞑想をすることから始めます。

自然に対して感謝の心を持ち、自分自身と向き合うことが目的です。

ヨガ特有の呼吸法を用いて、筋肉をほぐしながら行います。

激しい動きはあまりせずに、体中の筋肉を効率よく使うことが出来るのがヨガの良さです。

ハードな筋トレや過度な食事制限より、しなやかで柔軟な体を作ります。

ヨガインストラクターになるには

 資格は必要ない

Woman hand with pencil writing on notebook at coffee shop. Woman working in outdoor at coffee shop.

実は、ヨガのインストラクターには国家試験がありません。

つまり特別な資格は必要ないということです!

民間資格はたくさんありますが、資格があるからといって必ずしも成功するわけではないのです。

では、実際どのようにしてインストラクターになるのでしょうか?

 スクールに通う

Beautiful, empty naturally lit yoga studio.

民間資格と言っても、資格自体の差はほとんどないのが現状です。

ヨガインストラクターとして活躍するには、ヨガの技量によって左右されます。

まずは、ヨガのスクールに実際通ってヨガを体験することが第一段階です。

ヨガインストラクターを育成する学校に入るのは、それからでも遅くはありません。

 全米ヨガアライアンス認定資格(RYT200)の取得

Fitness asian female group doing namaste yoga pose in row at the yoga class. selective focus

ヨガに関しての知識を増やし「全米ヨガアライアンス認定資格(RYT200)」の取得をします。

資格取得にかかる費用は通うスクールによって様々ですが、約50万程度と言われています。

指導者として大事なポイントを学ぶ、ということも重要なことです。

ヨガの歴史を知ることも大事

Young healthy woman practicing yoga on the beach at sunset

ヨガインストラクターは”資格が欲しい”という生半可な理由では叶わない職種です。

きちんとヨガと向き合い、心からヨガを愛していないと続かないでしょう。

そのためには、ヨガの歴史を知識として自分の中に刻み込むことも必要な工程です。

ヨガについてをしっかりと把握したうえで、やっと人に教えることが出来るようになります。

 インストラクターは「好き」だけじゃ出来ない職種

”ヨガは好きだけど未経験”ではインストラクターの資格取得は困難です。

ヨガのインストラクターになりたいなら、まずはヨガスタジオに通ってみましょう。

実際に、経験することで見えてくる発見もあるかもしれませんよ。

 

関連記事

ヨガインストラクターになるには?資格の取得方法とは?

モデル、ヨガインストラクターの扇田純さんに学ぶ”人生のチャンスの掴み方”

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。