ダイエット効果も期待!?『水泳』の消費カロリーとは

季節に関係なく水中で体を動かす事ができる『水泳』。泳ぎ方にも沢山の種類があり、水中で圧がかかるのでダイエットにも効果的!?そんな水泳の消費カロリーが気になりますよね?今回は水泳での消費カロリーについてご紹介致します。

 本当にダイエット効果があるの?

Close-up of a woman in sportswear measuring her waist

ネットやテレビなどで見かける『水泳ダイエット』に効果があるのか気になりますよね?

水中の中では普通に体を動かした状態よりも、圧がかかりやすい状態になっています。

圧力がかかる事で筋肉をバランスよく使い、水圧によってマッサージされた体が血流を良くし体内の老廃物を外に流してくれる効果が期待できます。

その結果から脂肪を燃焼しやすく、代謝アップにもつながるのでダイエットにも最適と言われています。

 

 体を鍛えながらカロリー消費

 期待できる『クロール』

Swimmer breathing performing the crawl stroke

クロールは泳ぎの中で最も消費カロリーが期待できる泳ぎ方です。

体型やスピードなどにもよりますが、クロール1時間でだいたい900から1300カロリー消費できる可能性が期待できます。

また、腹筋脇腹の筋肉を鍛えながらふくらはぎも鍛えれるので上半身と脚を同時に鍛え一石二鳥ですね♪

脇腹をねじり、しっかり腕を伸ばす事を意識すると筋トレ効果もアップしますよ。

 

『平泳ぎ』で全身の筋肉を

swimming race

泳ぐことが得意な方は平泳ぎで体全体の筋肉を鍛えるのもGOOD!

平泳ぎでは肩や腕の筋肉はもちろん、背中や腰周りの筋肉も鍛える効果が期待できます。

消費カロリーとしては1時間あたり約500から600カロリー

体全体を使いので疲れが溜まりやすいので無理のないように休憩しながら行うようにしましょう。

 

 美しさをアップ『背泳ぎ』

Young girl floating on her back in the pool

背泳ぎでは背中の筋肉を鍛えてくれる効果が期待できるので背中美人になれるかも・・・。

背泳ぎのメリットとしては、腰や膝に負担が少ないので腰痛もちの方や年配の方にオススメです。

1時間あたり約200から400カロリーの消費効果が期待できます。

 

 泳げない方は『ウォーキング』

Underwater shot of feet walking on the bottom of a pool

「泳ぐのが苦手」「泳げない」方は水中ウォーキングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ウォーキングなら負担も少なくダイエット効果も期待できるので嬉しいトレーニング方法ですよね。

消費カロリーは1時間あたり200から400カロリーと泳ぐ時に比べれば消費率は低めですが、継続する事で健康的にダイエット効果が期待できると思います。

 

 

ダイエットをするにあたって重要なカロリーの消費率。

消費率が期待できる水泳は、泳ぐことが好きな方には嬉しいダイエット方法ともいえます。

普段から有酸素運動をしている方も気分を変えて水中の中でのウォーキングなど行ってみるのもいいかもしれませんね。

 

関連記事

水泳でカロリー消費&体型キープ!スイムのおすすめウェアもご紹介

ダイエットで人気「水泳」と「ランニング」一体どちらが痩せるの?

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。