知っておこう!夏でも保湿は必要?正しい夏のスキンケア方法

一年を通して、お肌のスキンケアを同じにしていませんか?季節により紫外線の強さも違いますので、その対処法も変わってきます。同じスキンケアを行っていると、年齢を重ねるごとに季節の変わり目がお肌へのストレスとなってしましますので、今回は夏のスキンケア方法をご紹介します。

 夏のスキンケアとは

 クレンジング

Thyme essential oil. Bottles with extract, fresh green plant leaves. Aromatherapy treatment.

季節に関係なく、普段から使用しているクレンジングで肌の調子が良好なら、特に問題はありません。

ただし、オイル系は刺激が強い傾向にあるため、長い目で見るとクリームタイプミルクタイプ肌への負担が少ないでしょう。

クレンジングをする際のポイントは、擦り過ぎないことと、時間を掛け過ぎないことです。

 

 洗顔

Woman wakes from sleep and she was cleansing the morning before shower

夏は皮脂が多く分泌され、汗汚れも付着しやすくなります。

そのため、洗浄力が豊かな固形石鹸を使うのがオススメです。

洗顔の目的は、肌老化の原因になる時間が経った古い皮脂をしっかり落とすことで、多少ツッパリ感が出てもその後の保湿化粧品で補えれば安心です。

人気のペースト状の洗顔フォームは、流水後のしっとり感はありますがフォームに含まれる油分が多いため、すすいだ後に成分が肌に残っていると、そのあとの化粧水や美容液をつけても浸透しにくくなってしまう可能性があります。

ポイントは、落とすものはしっかり落として、必要な水分を補うことが必要になってきます。

 

 化粧水

beauty, skin care and people concept - close up of young woman applying lotion to cotton disc for washing her face at bathroom

洗顔後必要なのが化粧水になりますが、選び方はとっても重要なポイント。

夏は紫外線をたくさん浴びてしまうことが多くなるので、シミの元になるメラニンの活動がとても非常に活発になります。

そのため、保湿目的のものよりシミ対策の化粧水を選ぶことが重要となってきますよ!

 

 

 美容液

Smoothing toner, crem and cotton pads

夏はべたつく季節なので、化粧水のみという方も多いのではないでしょうか。

気温や湿度が高いと、乾燥が気になりませんが、クレンジング・紫外線・冷房などにより、肌の潤いは確実に奪われています。

そのため、しっかりと保湿成分が配合された美容液を常用することが好ましいでしょう。

保湿成分はセラミド・ヒアルロン酸Na・水溶性コラーゲン・エラスチンなどが配合されたものを選ぶと良いですよ!

 

 乳液・クリーム

White Cymbidium orchid flower and jar of moisturizing face cream for spa treatment.

基本的に乳液やクリームは油分が多いため、皮脂(顔の脂)の分泌が盛んな方や、汗をかきやすくなる夏場はそこまで使用する必要はありません。

クリームの元々の目的というのは、肌をなめらかにしてツヤを出すことですので、乾燥が現れやすい目元・口元のみにピンポイントで使うことが効果的です。

夏にクリームタイプのスキンケアをすることは、毛穴詰まりや肌の調子を左右させてしまう要因になりやすいのです。
美容液や化粧水などのみでケアできる商品を選ぶことがワンランク上のスキンケアです。

 

 

スキンケアは普段から継続する事が美肌への近道となってきます。

面倒だから、時間がないからと言っておろそかになっている方も季節に合ったスキンケア方法で、女性らしさをアップしてみてはいかがでしょうか。

オススメ記事
ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。