身近なアイテム!『ダンベルトレーニング』で理想のBodyを目指そう!

ある程度、筋肉を付けて良いBodyを作りたい!しかし、ジムに行くとお金も時間もかかってしまいます。ダンベルがあれば自宅でも簡単&気軽にトレーニングすることができますよ♪そんな、ダンベルトレーニングを自宅で簡単に行う方法を今回は紹介したいと思います。

 ダンベルの選び方について

Closeup on fitness woman workout with dumbbell. fitness woman pink dumbbell.

ダンベルはラバー付きの物を選びましょう!

重さに関しては、軽すぎても重すぎてもいけません。

ダンベルトレーニングを初心者が始める場合は片方2〜5kgのものを選ぶと良いでしょう。

徐々に重さをアップしていく方法もありです。

例えば片方2kgの合計4kgから開始して、慣れてきたら片方3kgの合計6kgにする。

ダンベルを使ったトレーニング方法

 上腕三頭筋を鍛えて二の腕痩せ

Determined woman losing weight at home and exercising with dumbbells

  1. 肩幅開いて立ち、ダンベルを持ちます。
  2. ダンベルを頭の後ろに持っていきましょう!
  3. ゆっくりとダンベルを真上に上げていき伸ばします(手から足まで一直線上になるよう)
  4. ゆっくりと(2)の体勢に戻します。

片腕10回3セット行います。

 

 椅子とダンベルで二の腕痩せ

Messy room of a boy or teenager being active. Chaotic gym or fitness interior. Chairs with jeans, towels, sneakers and dumbbells.

  1. 背もたれのある椅子を用意しておきます。
  2. 左膝を椅子にのせて左腕は椅子の背もたれを掴むように固定しましょう。
  3. 右腕にダンベルを持って、ゆっくりと後ろに伸ばしていきましょう。
  4. ピンと伸ばした状態で5秒キープ!
  5. ゆっくりと体勢を戻していきます。

片腕10回3セット行いましょう。

 

 ウエストを引き締めるダンベルトレーニング

Young female athlete doing lifting exercise with dumbbell. Concept of health and body care.

  1. 肩幅開いて立ち、両腕にダンベルを持ちましょう。
  2. ラジオ体操第一でも行う、上体をねじる運動をします。(ねじる時に、顔はまっすぐ向いた状態にしましょう)
  3. ゆっくり右にねじったら、一度真っ正面に戻して左にねじります。

顔も一緒にひねる方向に向けてしまう人がいるので、気をつけましょう。

15回3セット行いましょう。

 

 太もも引き締めダンベルトレーニング

Fitness woman in training.Strong abs showing

  1. 肩幅開いた状態で、両腕にダンベルを持ちましょう。
  2. 背筋をピンと伸ばした状態で、ゆっくりと膝を曲げていきます。
  3. 屈伸運動をするような感じで大丈夫です(曲げていると中間あたりで「きつい」と思う位置があるので、そこでストップ!
  4. 5秒そのまま維持し終わったら元の体勢に戻していきます。

10回3セット行いましょう。

 

やり始めは、筋肉痛になる可能性がありますが、適度に数回を数日かけて行うことで筋肉痛も減っていきます。

ダンベルなら手軽に購入することができ、ジムに通わなくても自宅でトレーニングができるアイテムです。

二の腕や太もも・ウエストを引き締めて、理想のBodyを目指しましょう♪

 

関連記事

腕を細くしてノースリーブを着るぞ!ダンベルで二の腕トレーニング

人気急上昇中!『ケトルベル』を使って室内トレーニングを始めよう

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。