リバウンドなし!?1週間の炭水化物抜きダイエット

炭水化物抜きダイエットは近年とても注目されていますね。効果も大きいですがリバウンドもしやすいのが難点。しかし、リバウンドをしない秘訣はあります。今回は、リバウンドを避けて1週間で効果を出す炭水化物抜きダイエットの方法をご紹介します。

炭水化物抜きダイエットとは

Young and happy woman eating healthy salad sitting on the table with green fresh ingredients indoors

炭水化物抜きダイエットとは、その名の通り、炭水化物を制限することです。

炭水化物に含まれる食品

  • 白米
  • パン類
  • 麺類

大まかにこの3つの主食を制限します。

 炭水化物を少なくすると得られる効果

Fit sportswoman exercising and training at home

  • 摂取カロリーを抑える
  • 摂った食事を脂肪になりにくくする
  • 無駄な食欲を防ぐ

以上の効果が期待できます。

 2つの理由

  • カロリー制限になる

ごはんや、麺、パンなど、3大栄養素の中で一番カロリーが高いのは炭水化物です。

この炭水化物を減らすことは、大幅なカロリー制限に繋がり、ダイエットの成功のカギにもなります。

Portrait of a young attractive woman eating salad at cafe table. Horizontal shot.Beautiful young female enjoying a fresh salad at a nice restaurant. Cute hispanic girl eating a healthy meal.

  • 低血糖状態にならない

人間の体は、炭水化物を摂取すると血糖値が上がります。

その血糖値が上がった分、栄養がエネルギーではなく脂肪へ変換されやすくなります。

また、一気に血糖値が上がり一気に下がることで低血糖を招きます。

この低血糖は、身体が糖を欲しがる状態にしてしまうので、すぐに食べ物を欲するようにしてしまうのです。

炭水化物を摂取を制限することは、低血糖状態を防ぎ、ダイエットに繋がるということになります。

Bowl of cooked rice on wooden

 炭水化物を抜く食生活の方法

 1日の炭水化物量は体重分のグラム数以下

1日の炭水化物は、自分の体重よりもすくなくしましょう。

体重60㎏の人なら、炭水化物は 60g よりも少なくするということです。

 

 

 もっと効果を望むなら1日20グラム

さらに効果を望むなら、もっと絞って 1日20g にしてみましょう。

1週間のような短期間ならば、身体的にも影響は少ないです。

 

 主食はタンパク質

Protein diet:cooked products on the wooden background

主食はタンパク質にします。

主に、お肉の中でも赤身、そしてです。

 

 果物は禁止

果物はヘルシーなイメージですが、実は糖質が多く含まれています。

1週間で効果を出したいのであれば、果物は禁止にしましょう。

 

 夕食は炭水化物禁止

steak and vegetables on black plate

夕食以降は、ほとんど動かさずエネルギーも使いません。

ですから、夕食はタンパク質と野菜などのビタミンのみにしましょう。

リバウンドを回避するポイント

Jasmine rice in a wooden bowl on wooden background.

 徐々に炭水化物の量を増やす

ダイエットが成功しても、ずっと炭水化物を絶つことは不可能に近いですね。

ですかた、徐々に摂取してリバウンドを防ぎましょう。
しかし、炭水化物を摂取していい量は 1日150g までです。

体型維持をすることは大変ですが、頑張りましょう!

 

Beautiful slim body of asian woman. Good shape Asian girl. sexy asian girl.

炭水化物抜きダイエットは、効果が大きいですが、長期間は危ないので避けましょう。

1週間の炭水化物抜きダイエットに成功しても、リバウンドをしやすいので徐々に炭水化物を増やして行きましょうね♪

 

関連記事

食べ過ぎた翌日は、食事でカロリーをコントロール。「炭水化物抜き」レシピ3選

一週間の炭水化物抜きダイエットは逆効果?その理由を徹底解説

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。