頭痛や肩こりにも効く?疲労回復する入浴方法とは

毎日仕事や家事で疲れが溜まりますよね。疲れ過ぎていると、眠くても眠れずに余計身体の調子も悪くなります。また、頭痛や肩こりも疲労から来ることがあります。疲労回復に有効なのは、お風呂に浸かること。今回は、疲労回復に効果的な入浴をして体を元気にする方法をご紹介します。

入浴による効果

 温熱による血行促進効果

Beautiful woman relaxing in a bathrobe in spa salon

湯船に浸かって身体が温まると血行が良くなり、栄養や酸素が全身へと運ばれます。

そして、体温を調節しようとして発汗作用が働くことにより、体内にたまった老廃物が排出されます。

同時に新陳代謝が促されて疲労物質が排出されるため、コリがほぐれ、疲れをとることができます。
内臓の働きを助ける作用や自律神経をコントロールする作用もあります。

面倒だと思わず、ゆっくり湯船に浸かることが疲労回復の近道なのです。

 

 水圧によるマッサージ効果

Young girl in spa massage

湯船につかると、通常の空気に包まれている時よりも強い圧力が全身にかかります。

この水圧によるマッサージ効果で下半身に溜まった血液を押し上げるので、足の疲れやむくみを取る作用が期待できますよ。

 

  浮力によるリラックス効果

Closeup thermometer showing hot temperature in degrees Celsius

水中では、身体が受ける体重は普段の9分の1から10分の1ほどと言われています。

湯舟につかることで体を支えることが不要になるのでリラックス効果が期待できます。

 

 お風呂での入浴方法

  38~40度のぬるま湯で入浴する

Young attractive woman relaxing in bath with foam and petals

人間の身体に備わる自律神経には2種類の交感神経があります。

活発に活動しているときには、交感神経が優位に働き、身体を休めるリラックスモードの時には副交感神経が優位に働きます。

40度以上の湯温では、交感神経が優位になってしまうので、あまり熱すぎない温度の38~40度までにしましょう。

 

 寝る1時間前に入浴する

Woman peacefully sleeping in bed at night

副交感神経を優位にした状態で布団に入ることが、快適な眠りに繋がります。

寝る1時間前を目安に入浴を開始し、お風呂から出たら30~1時間後には寝ることが重要なポイント。

寝つきが良く、深い眠りとなり、疲労回復にも効果的!

食後すぐに入浴することは、内臓への負担が大きいのであまりよくないといわれています。

 

 入浴時間は20~30分

人の体温より少し高い38~40度の湯温で、ゆっくり身体を温めます。

入浴時間は20~30分くらいかけて入浴しましょう。

ずっと湯船に入っているのがつらい場合には、身体や頭を洗うことと、湯船に浸かることを交互にするのがオススメですよ。

 

Side view of back light of a woman silhouette breathing deep fresh air at warm sunrise in front of sun

お風呂で疲労回復するのは十分に効果が期待できますね。

温度はぬるま湯で、20~30分を目安に入浴して、毎日元気に過ごしましょう♪

 

関連記事

効果は半身浴の3倍!試してみたい「高温反復浴」の正しいやり方。

乾燥肌に効果的な入浴法とは?うるおい習慣でカサカサ撃退!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。