食べるだけで紫外線対策?体の中からUVケアができる食材とは

紫外線はお肌の大敵ですよね!日傘や帽子、日焼け止めなど、日ごろから紫外線対策しているかと思いますが、実は体の中からの紫外線対策も大切なんです。曇りの日や、陽射しが強い夏以外の季節にも、紫外線はあるので油断できません。さっそく紫外線に有効な食べ物を紹介していきます。

紫外線

Portrait of beautiful smiling girl in glasses enjoying summer day.

太陽から出る紫外線は、お肌に悪影響を及ぼします。

過剰に浴びてしまうと、お肌が酸化されメラニン色素がたくさん作られます。

そのメラニンが皮膚の内側に沈着することで、シミやそばかすなどのトラブルが起きてしまいます!

シミやそばかすを防ぐには、酸化を防ぐ抗酸化作用のある食べ物が効果を発揮してくれますよ。

 

紫外線に有効な食べ物

ビタミンC

selection of food high in vitamin

シミやそばかすを予防する働きのあるビタミンCは抗酸化作用が高いのが特徴で、みかんやいちごなどの果物類に多く含まれています。

また、体内で必要なコラーゲンの合成を高めてくれる効果も期待できますよ。

 

B-カロテン、ビタミンE

Orange vegetables and fruit

肌の老化や肌荒れを防いでくれる、抗酸化作用に優れた栄養素B-カロテン、ビタミンE。

お肌の酸化を抑え、皮膚や粘膜の細胞を正常にたもつ働きで、免疫力も高めてくれます。

にんじんやかぼちゃ、トマトなど緑黄色野菜に多く含まれています。

トマトに含まれているリコピンはメラニンの生成を抑えてくれ、美肌効果も抜群なので女性には嬉しい食べ物ですよ!

 

ビタミンB2

Japanese cuisine, homemadefermented soybeans called Natto with raw egg

肌の新陳代謝を活発にしてくれるビタミンB2は卵や納豆、牛乳に多く含まれています。

皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる作用もあるので肌が弱い方にはオススメです。

他に、アボガドやライチなどにも含まれているので美容効果が期待できそうですよ♪

 

 亜鉛

Sausages, fish, meat and ingredients cooking. Top view on stone table

魚介類や肉類に多く含まれる亜鉛も、新陳代謝を活発にしてくれる働きがあります。

体内の亜鉛が減ると、細胞の分裂や再生が上手く行なわれなくなり肌荒れにもつながります。

お肌を健康に保ってくれる食材なので積極的に取りたいですね!

 

 

日頃からこういった食材を意識して取り入れ、紫外線に負けないお肌を作りませんか?

帽子や日焼け止めも一緒に使えば、更に効果が期待できそうですよね。

是非、夏に関係なくお肌を紫外線から守り綺麗なお肌を保ちましょう。

 

関連記事

効果的な紫外線対策の方法とは?日傘や帽子、日焼け止めの選び方

知っておくだけで全然違う!日焼け止めでやりがちな失敗3つ

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。