夏に向けて知っておきたい!日焼け止めの塗り方、落とし方

一年の中でもっとも陽射しが強い季節がやってきましたね!夏は何かと外で過ごす時間が長くなる、でも、日焼けが気になる。そんなことありませんか?強い紫外線は、シミやシワの原因にもなります。そこで、今回は日焼け止めについてまとめてみました♪






 日焼け止めを塗る前に

beauty, skin care and people concept - smiling young woman applying lotion to cotton disc for washing her face at bathroom

日焼け止めを塗る前には、化粧水や乳液、ローションなどで保湿をしておくのがポイントです♪

乾燥した肌に日焼け止めは馴染みにくく、効果が薄れてしまいます。

しっかり保湿をすることで、日焼け止めの浸透がグッと良くなりますよ!

 

日焼け止めの量

close up of women hands receiving sunblock cream lotio

日焼け止めは、適切な量を塗らないと効果が発揮されません!

顔に必要な量で、だいたい500円玉くらいの大きさと言われてます!

顔に必要な量を目安にして、体にも適切な量を塗るようにしましょう。

 

日焼け止めの塗り方

Tan Woman Applying Sunscreen on Legs

日焼け止めは、手のひらに必要な量をのせ、反対の指を使って少しずつ塗りましょう。

この時、強くこすりつけたほうが日焼けしない!と思っていませんか?

日焼け止めは優しく撫でるようにムラなく伸ばします。

そして最後には、ペタペタと手でパックするように肌に馴染ませます。

手のひらで伸ばしてから塗ると、先に手に馴染んでしまい、必要な量が塗れなくなってしまうので気を付けましょう!

 

日焼け止めの塗り直し

girl aplying  sun protection cream on the beach

しっかり塗ったから大丈夫!と思っていても、時間が経ったり、汗をかいたり、日焼け止めの効果は薄れていきます。

長い時間、外にいる時は2~3時間に一回塗り直しをしたほうが良いです!

肌がベタベタしている状態に塗り直ししても浮いてしまうので、汗や皮脂をしっかり拭き取ってから塗りましょう♪

 

日焼け止めの落とし方

Young woman washing face in bathroom

日焼け止めは、落とすまでが大事です!

しっかり落とさないと毛穴に詰まったり、黒ずみになったり、肌荒れにつながりやすいです。

メイクと同じようにクレンジングやボディソープをたっぷり泡立て、優しく細かいところまで忘れずに洗いましょう。

そして、洗ったあとの保湿もたっぷりしてくださいね♪

 

 

日焼け止めと言っても、塗り方、落とし方、意外と知らなかった事が発見できたのではないでしょうか。

正しい使い方で強い紫外線からお肌を守り夏を満喫しましょう!

 

関連記事

効果的な紫外線対策の方法とは?日傘や帽子、日焼け止めの選び方

みんなは何を使ってる?おすすめ日焼け止め5選をご紹介!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。