身体の内から美しく。おやつにもなるナッツの効果とレシピ

最近、健康や美容、ダイエットに効果があると言われている「ナッツ」。ナッツの種類によっては効果や効能に違いがありますが、栄養価が非常に高く多くの効果が期待されています。今回、3種類のナッツについて効果・効能、およびお手軽レシピについてご紹介させていただきます。

 クルミ

Walnut kernels and whole walnuts on rustic old wooden table

他のナッツにはほとんど含まれていないαリノレン酸によって血液がサラサラになり様々な生活習慣病の予防に効果があります。

また、アンチエイジング効果もあり、ポリフェノールも多く含まれた優れたナッツです。

  • 生活習慣病の予防
  • アンチエイジング
  • ストレス軽減・快眠
  • 美髪・美容・美肌効果

1日の目安としては、6~7個程度(約25~30g前後)が摂取量の目安となります。

 

 アーモンド

Almonds in brown bowl on wooden background

ナッツの代表格であるアーモンドは、特に食物繊維ビタミンEを豊富に含んでいるので、便秘解消血行促進、細胞の老化防止等のアンチエイジング効果にも優れています。

また、オレイン酸によって悪玉コレステロールを減らしてくれるので、生活習慣病の予防にも効果があります。

  • アンチエイジング
  • 生活習慣病予防
  • 便秘解消

1日の目安としては、25~30粒程度(約25~30g程度)が摂取量の目安となります。

 

 カシューナッツ

Raw cashews close-up in wooden bowl on sackcloth

カシューナッツは栄養分が豊富であり、健康・美容効果が期待できるナッツです。

女性に不足しがちな鉄分を多く含んでおり、貧血を予防してくれる効果があります。

また、必須アミノ酸のトリプトファンが多く含まれており、体内で「睡眠ホルモン」と言われているメラトニンに変化するので、なかなか寝付けない方におすすめの成分となります。

  • 生活習慣病予防
  • 骨粗しょう症予防
  • 貧血予防

1日の目安としては、片手で掴める程度となります。

 

 ナッツレシピ2選

winter salad with orange and beetroots, top view

ナッツの種類によっては、加熱することによってせっかくの有効成分が減ってしまったり、酸化してしまうものもあります。

生で食べる場合には、お好みで刻んだナッツサラダにトッピングしたり、シリアルやヨーグルトに混ぜて食べてみてはいかがでしょう。

また、加熱した際の香ばしさや食感を活かして、細かく砕いて片栗粉等の衣に混ぜて鶏肉の衣にして揚げてみたりタルタルソースミートソース等に混ぜて食べてみるのもおすすめですよ。

 

 ナッツのはちみつ漬け

お好みのナッツで甘い万能保存食はこちら♪

ナッツをはちみつと共に楽しめる一品。

おやつにも、付け合わせにも使えます。

レシピ

 

 ナッツぎっしり!自家製ナッツチーズ

チーズをふんだんに使用した大人おしゃれなレシピはこちら♪

適度なナッツの脂質は必要な成分です。

ぜひおいしく健康的にいただいちゃいましょう。

レシピ

 

もちろんそのまま食べても美味しい「ナッツ」。

あなたのレシピにも、ぜひ「ナッツ」を取り入れてみてくださいね。

 

関連記事

NY発スーパーフード「タイガーナッツ」。効果とレシピをご紹介!

ピーナッツバターは実は「美人のおやつ」。その嬉しい魅力とは

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。