ヨガの『弓のポーズ』で心と体を整えしなやかボディに!

たくさんあるヨガのポーズの中でも有名なポーズのひとつである『弓のポーズ』。今回は、やったことがある人も、これから初めてみる人も、知っておきたい『弓のポーズ』の正しい方法と、嬉しい効果をご紹介します。

弓のポーズの正しい方法

Young attractive cool yogi woman practicing yoga concept, stretching in Dhanurasana exercise, Bow pose, working out wearing black sportswear, full length silhouette on white loft studio background

  1. 体と平行になるように両腕をのばして、両手のひらを上向きにしながらうつ伏せに寝ます。
  2. 息を吐きながら両膝を曲げて、かかとをできる限りお尻の近くまで近づけます。
  3. 息を吸いながら背中をぐっと反らし、両膝を伸ばすようにさらに上に持ち上げ、
    それぞれの足首を持ちます。腰幅から出ないように、両膝の開き過ぎには気をつけましょう。
  4. 首の後ろを痛めないようにゆっくり頭を上げて、鼻の先を見るつもりで目線を下に落とし、
    背中と肩はできるだけ力を抜いてリラックスしましょう。
  5. 腰に負担をかけない程度に、そのポーズを約30秒ほど自然呼吸をしながらキープします。
    息を吐きながら元の体勢に戻して深呼吸を行います。

弓のポーズのポイント

  • 初心者でポーズが取りにくい場合は、お腹の下に丸めたブランケットなどを敷いてみましょう。
  • 太腿を床から持ち上げるのが難しい時は、巻いたブランケットに太腿を乗せると少し脚を上げやすくなります。

弓のポーズの嬉しい効果は?

Young attractive smiling woman practicing yoga, stretching in Scorpion exercise, variation of vrischikasana pose, working out, wearing sportswear, grey pants, bra, indoor full length, home interior

セラピー効果

弓のポーズには、呼吸器疾患・軽い背中の痛み・疲労・不安・月経時の不快症状を和らげる、などのセラピー効果が期待できます。

イライラしたり落ち込みやすい人にとっては、弓のポーズを実践することで精神的な不安もケアしていくことが出来るということです♪

 

姿勢の改善

Woman doing yoga exercise on bed at home. Morning workout in bedroom. Healthy and sport lifestyle.

弓のポーズには、背筋を整え背骨の弾力性を取り戻す効果が期待できます。

姿勢が良くなることで、背中の痛みや肩こりなどの改善にも繋がります。

 

便秘解消効果

Young woman suffering from abdominal pain while sitting on bed at home

弓のポーズを行うと便秘が改善したり、呼吸器系の疾患を癒やしたりする効果は有名です。

身体にたまった悪性物質をデトックスして、体内の流れをスムーズにする効果が期待できます♪

 

腹部の引き締め効果

Side view portrait of attractive young woman with tattoo on her foot meaning "Wild kitty" working out in fitness club or at home, doing yoga or pilates exercise. Dhanurasana, Bow pose. Full length

一度付いてしまったお腹周りの脂肪はなかなか落ちませんよね・・・。
弓のポーズには腹部の脂肪を落とし消化器や生殖器の活性化を図ることができます。

ウエストサイズや下っ腹に悩んでいる方にもおすすめです。

 

弓のポーズを行う時の注意点

Young woman practicing yoga, sitting in Seated forward bend exercise, paschimottanasana pose, working out, wearing sportswear, grey pants, bra, indoor, home interior background, close up

初めて弓のポーズにチャレンジする方は、最初は両足同時につかめないかもしれません。
その時は、片足ずつ持ち上げてみましょう!片足やったら反対側もお忘れなく♪

事前にストレッチを行うなどして、体をほぐしてからゆっくり行うのがおすすめです。

高血圧/低血圧・片頭痛・腰または首に深刻な痛みがある方は行わないようにしましょう。

これから『弓のポーズ』を日常に取り入れて、しなやかな心と体を目指しましょう!
ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連記事

面白い名前でも効果は抜群!ユニークなネーミングのヨガポーズ3選。

これをクリアできれば上級者!ヨガの中でも難しいポーズ3選

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。