時間がなくても大丈夫!立ち仕事をしながら出来る簡単ダイエット

ダイエットをしたいけど運動をする時間がなかなか取れないという方は、立ち仕事の合間にエクササイズを取り入れてみてはいかがでしょうか。周りからもダイエットしているとは気づかれないような簡単なエクササイズをご紹介します。

正しい姿勢は痩せる姿勢

正しい立ち方

Modern business woman in the office with copy space

 

  • 足を肩幅に開いて、背筋を伸ばして身体の重心を左右の中心におく。
  • 横から見ると、頭からかかとまでが一直線になっている。
  • 体重はかかとに乗っている。
  • 腰は反らせずに下腹部に力を入れる。
  • 顎を若干引き、視線はまっすぐに。
  • 胸を開き、肩甲骨を内側に寄せる。

以上が正しい姿勢の条件になります。

正しい立ち方をするためには筋力が必要とされ、姿勢をキープするのは意外と大変です。

しかし、正しい立ち方をすると長時間立っていても疲れにくくむくみにくく痩せやすい、といったメリットがあるので、ぜひ正しい姿勢をマスターしてみて下さい。

正しい歩き方

Cropped view of business woman walking in city street with laptop bag, commuting and going to work in the morning. Copy space, waist down

  • 背筋をまっすぐに伸ばす。
  • かかとから足を降ろし、しっかりと後ろに蹴って歩く。
  • 直線状を歩くイメージでつま先はまっすぐ前に向ける。

正しい歩き方を身につけるとヒップライン腹筋太ももなどの引き締め効果が期待できます。

 

簡単エクササイズ

 つま先立ちエクササイズ

Lady on tiptoes

正しい立ち方をしたら、そのままかかとを上げて30秒ほどつま先立ちの姿勢をキープします。

ふくらはぎが鍛えられ、足首がスッキリと細くなる効果も期待できるんです。

それだけではなく、ふくらはぎの筋肉を動かすとリンパの流れも良くなるので、足に溜まりがちな水分を循環させてくれ、むくみの予防にもなります。

立ち仕事をしているとむくみが気になる、という方はぜひ試してみて下さい。

 

下半身引き締めエクササイズ

A woman takes care of her legs

  1. 両かかとをくっつけて背筋を伸ばして立ちます。
  2. お腹を出来る限りへこませます。
  3. 両足の内側の筋肉とお尻の筋肉を引き締めて数秒キープします。

周りの目を気にせずに簡単に出来るエクササイズですが、下半身の引き締め効果が期待できます。

一日に数回、気が付いたときにやるのがおすすめです。

 

力を入れるだけ!腹筋トレーニング

Woman holding hands on a belly. Stomach health concept. Isolated on white.

お腹にグッと力を入れるだけでも、腹筋を鍛えてお腹周りを引き締めることが出来ます。

ただし、お腹にずっと力を入れるのではなく、10秒ほど力を入れて抜く、というのを繰り返します。

引き締めたいところを意識しながら力を入れるのがポイントです。

 

関連記事

三日坊主にサヨナラ。簡単寝ながら太ももストレッチ5選

主婦の方必見!家の中でもながら体操。家事をしながらキレイを目指そう

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。