効果的な紫外線対策の方法とは?日傘や帽子、日焼け止めの選び方

もうすぐ1年の中でも紫外線の強い夏がやってきます。夏の紫外線は身体の美容と健康に悪影響を及ぼすため、今から徹底した紫外線対策を行っておきましょう。今回は、紫外線対策のための日傘や帽子、日焼け止めの選び方についてご紹介していきます。

日傘の選び方

White parasol on a sandy beach in the sunlight

日傘で紫外線を効果的にカットするには、UV加工が施されている日傘を選ぶようにしましょう。
といっても、ただUV加工されている日傘ではいけません。
いくらUVカットが施されていても、UVカット率が低ければ、紫外線の影響を受けてしまうのです。
紫外線対策として日傘を選ぶときには、UVカット率99%など、UVカット率の高いものを選ぶようにしてください。

 

Portrait of a happy girl with red umbrella on the beach at sunset with the horizon and sea in the background

なお、日傘を選ぶときは、遮光率の高さにもこだわると良いでしょう。
日除けとしての効果を期待することもでき、暑い夏場でも比較的快適に過ごすことができます。

 

帽子の選び方

Woman in summer vacation wearing straw hat and beach dress enjoying the view at the ocean

帽子で効果的に紫外線をカットするためには、つばの広い帽子を選ぶようにしましょう。
つばが7cm以上あるキャップでは顔に浴びる紫外線を効果的にカットできるものの、横顔や首の後ろまではガードできません。
このため、前方だけにつばがついたキャップよりも、帽子全体につばのついたタイプの帽子を選ぶのがおすすめです。

なお、日傘と同様、帽子にもUV加工が施されているものがあります。
UV加工が施されており、尚且つ、UVカット率の高いつば広の帽子であれば、効果的に紫外線を防ぐことができるでしょう。

参考:いい暮らしナビ

 

日焼け止めの選び方

Tan Woman Applying Sunscreen on Legs

日焼け止めを選ぶときは、SPFPAのふたつの数値をチェックしてください。
まずSPFは、紫外線に対する防御力を示すものです。
SPF30では紫外線のダメージを30倍、SPF50では紫外線のダメージを50倍遅らせることができ、数値が高ければ高いほど紫外線に対する防御力が高くなります。

そしてPAは、紫外線に対する防止効果を示すものです。
数値ではなく+の数で効果の高さが表されており、PA+の日焼け止めよりもPA++++の日焼け止めを選んだほうが、紫外線に対して高い効果を期待できます。

 

close up of women hands receiving sunblock cream lotio

なお、SPFやPAの数値が高い日焼け止めは、肌に大きな負担をかけてしまいます。
人によっては肌荒れなどのトラブルを起こしてしまうこともあるため、日焼け止めを選ぶ際には自分の肌質に合ったレベルのものを選ぶようにしましょう。

参考:Dr.Ci:Labo

 

今回ご紹介した方法で日傘、帽子、日焼け止めを選べば、以前よりも紫外線を効果的にカットできるはずです。
紫外線から身体を守るためにも、是非参考にしてくださいね。

どこのメーカーが好き? 20代から60代の女性に「日焼け止めに関するアンケート」を実施

UVケアもオーガニックで。おすすめの日焼け止め商品3選

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。