もう大丈夫★パチっとしてイライラする静電気を予防する4つの方法

冬場になると、洋服を着替えようとするだけでパチパチと静電気が起き、ドアノブなどを触る時もビクビクしてしまいますよね。そんな冬のイライラの元である静電気を、カンタンに予防できる4つの方法を紹介します☆

金属を触る前に他のものに触れる

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_m

Photo:写真AC

体に溜まっている静電気を逃すために、コンクリートや木などに触れてから金属製のドアに触るようにします。そうすれば体の静電気を逃すことができて、金属製のドアノブに触れてもパチっとすることがないのです。レンガや紙などでも有効で、屋外にいるのなら木の葉っぱでも効き目があります♪

出典:バチッとこない!静電気防止グッズ

静電気が起こりやすいドアノブは手のひらで対処する

9b3ddf7c09594a61b561b61941c3004b_m

Photo:写真AC

静電気が嫌だからといって、恐る恐る触るとパチっとよくきてしまいますよね。実は指先が手の中でも一番衝撃を受けやすい箇所となっているのです。そのため、指先でそーっと触るよりは手のひらでガッと掴んでしまったほうが静電気対策には効果があります。勇気を出して一気に掴んでみましょう!

出典:静電気防止・除去・対策法

鍵やシュシュなど、静電気防止アイテムを使う

a765c08c5ce668ae5e5e04d343ecda22_m

Photo:写真AC

自分が持っている鍵を最初にドアノブなどに近づけて、放電させます。もしくは静電気が予防できるブレスレットやシュシュなどを使えば、女性はおしゃれをしながら静電気対策ができちゃいます♪そして静電気が起きやすい冬の時期のお洗濯は柔軟剤を使って静電気を軽減させたり、静電気防止スプレーなども活用すると更に効果的です!

加湿器を使って、湿度を高くしておく

e6e534bdd8ded6b20c892d643c89efeb_m

Photo:写真AC

静電気は乾燥した空気内で起こります。湿度が高ければ高いほど静電気が発生する確率は低くなります。理想的な湿度はおおよそ50%〜60%ほどです。日本国内では毎年10月以降は湿度が40%以下になりやすくなるので、静電気に気をつける季節は秋以降といえます。寒い時期は加湿器を活用しましょう☆

出典:静電気除去と放電方法!衣類やプラスチックの静電気を取るには?

以上、4つの方法で寒い季節のイヤ〜な静電気対策が簡単できるので、是非試してみましょう!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。