健やかで快適な夏を過ごすために!効果的な4つの夏バテ対策をご紹介

もうすぐ夏がやってきます。イベント盛りだくさんの夏ではありますが、少し油断すれば猛暑に負けて夏バテしてしまう可能性が大。万が一夏バテしてしまえば、せっかくの夏を楽しく過ごせなくなってしまいます。そこで今回は、暑い夏を快適に過ごすための効果的な4つの夏バテ対策についてご紹介します。

そもそも夏バテって何?

Tired girl in summer, heat

夏バテとは、夏の高温多湿の気候によって引き起こされる症状をまとめた言葉です。
夏になると、暑さを防ぐために多量の汗をかくようになります。
すると、ナトリウムやミネラルなどのバランスが乱れてしまい、それが原因となって以下のような夏バテ症状が引き起こされることがあります。

 

倦怠感や疲労感

免疫力が低下することで疲れが取れにくくなったり、だるさを感じたりするようになります。
体力の消耗も早く、何事に対してもやる気が起きなくなってしまいます。

 

睡眠不足

身体が疲れを感じているにも関わらず、寝付けない日々が続いてしまいます。
眠りの質も浅くなり、寝つけたとしても疲れが残ったままの状態になります。

 

食欲不振

自律神経の乱れによって、食欲がなくなります。
身体に必要なビタミンやミネラルも不足しがちになり、体調を壊しやすくなります。

 

夏バテと熱中症

Young woman with heatstroke on a beach

夏バテを放っておくと、熱中症のリスクが高まることが明らかになっています。
熱中症になると、めまいや立ちくらみ、筋肉痛や筋肉の痙攣、皮膚の異常や平衡感覚の異常といった症状が起こり、最悪の場合、命を落としてしまうことも…。
熱中症のリスクを低下させるためにも、以下の対策を行って夏バテの予防を図っていきましょう。

 

効果的な3つの夏バテ対策

こまめな水分補給

thirst

夏になると、大量の汗をかくことで身体の中の水分が不足がちになります。
身体が脱水状態になるのを防ぐためにも、夏場は毎日2.5Lの水分補給を心掛けてください。

 

身体を冷やし過ぎない

Young Happy Woman Holding Remote Control Air Conditioner In House

クーラーや冷たい飲み物などで身体を冷やし過ぎると、室内と外の温度差によって自律神経に乱れが生じてしまいます。
暑いからといって、身体を冷やし過ぎるのは厳禁。
室内と外の温度差で身体がびっくりしないように、クーラーの設定温度は28度がおすすめです。

 

栄養バランスのとれた食事

Healthy eating, dieting concept. Fruits, vegetables and chicken breast. View from above

ミネラル不足に陥りがちな夏の身体には、食事でしっかり栄養を補ってあげることも大切です。
糖質をエネルギーに変えて身体の疲労回復を図ってくれるビタミンB1、免疫力の向上に役立ってくれるビタミンCは、特に積極的に摂るようにしましょう。

参考:全国健康保険協会

 

本格的な夏まで、あと少し。
今回ご紹介した夏バテ対策を今からはじめておけば、健やかで快適な夏を過ごせるはずです。

汗をかく夏におすすめ!キレイに近づく効果が出やすい方法とは

運動前に水分補給。ダイエット効率をアップさせる4つの飲み物

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。