熟睡できて肩こりにいい睡眠方法とは?枕の選び方・寝る前NG行動など

朝起きたときに肩がこっている、熟睡できず疲れがとれていないという経験はありませんか?睡眠の質を上げ、肩こりを改善するための、いい睡眠方法とはどのようなものなのでしょうか。枕の選び方や、寝る前NG行動などをまとめました。

寝ている間の肩こり原因

Woman sitting on bed and stretching her neck

肩こりがひどい人の場合、寝る前には1日の疲れから、肩だけでなく体全体が重くなってしまうことが多いようです。

寝ている間は体を動かさないため体が硬くなり、朝起きたときに疲れやだるさが残ってしまうのです。

良質な深い睡眠をとることで、筋肉の緊張を和らげ、肩こりを軽減することにつながります。

また、枕が合っていないと首の筋肉が緊張しやすくなり、肩こりの原因になることがあります。

 

良い枕の選び方とは

Smiling brunette sitting on bed at home in bedroom

良い睡眠をとり熟睡するためには、寝るときの姿勢が大きく影響するようです。

特に枕の選び方は大切なポイントと言えるでしょう。

自分に合った枕で寝ると寝返りがうちやすくなり、リラックスして眠ることができます。

  • 横向きに寝たときに、鼻から胸までが一直線になる高さ
  • 仰向けになったときに、首のカーブが自然で、顎が上がったり下がったりしない高さ
  • 自分に合った適度な硬さと、寝返りをうちやすい形状

寝る前に気をつけたいこと

Young Caucasian girl laying in bed and using smart phone

リラックスして眠りにつくために、寝る前に気をつけたいことを、まとめてご紹介します。

  • 明るすぎる照明は避け、間接照明などのリラックスできるものに
  • 就寝前の夜食や飲酒は、睡眠中に体が休まらないため控える
  • スマホやパソコンを使用するときは、画面の明るさを抑える
  • 寝る直前はできるだけスマホやパソコンを使用しないようにする

 

寝る前にしておきたいこと

Fit young teenage woman smiling, doing fitness workout in bed at home. Young female stretching her legs in bed in the morning. Studio lighting, no retouch, closeup.

肩こりがひどい場合、寝る前にストレッチをすると1日の体の疲れやこりをほぐし、良い眠りに導くことができます。

ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、筋肉を温めてから行うとより効果が高まるでしょう。

好きな音楽やアロマ、温かい飲み物などでリラックスする時間を作るのもおすすめです。

 

Attractive redhead woman sleeping in bed with a serene smile on her face and an alarm clock on the table alongside

自分にあった枕選びや寝る前の習慣で、睡眠の質を改善することができるんですね。
良い睡眠で1日の体の疲れをとり、肩こりの解消につなげましょう。

関連記事

睡眠の効果を高める睡眠方法&快眠おすすめグッズをご紹介!

入眠するまで約10分!すぐ眠れる世界初の「睡眠用たわし」が“悟空のきもち”から発売開始!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。