日焼けで“美黒”な健康肌♪サンオイルや日焼けサロンで綺麗に焼こう!

夏が近くなると、日焼けした健康肌になりたいと思うことはありませんか?日焼けをするのなら、美しく潤いのある“美黒”を目指したいですよね。今回は、“美黒”になるために知っておきたいサンオイルや日焼けサロン、日焼け後のケア方法についてご紹介します。

夏はやっぱり健康的な“美黒肌”?

Beautiful woman's body in sexy bikini over beach background

多くの女性が白く透明感のある肌を目指し、努力を重ねる昨今。

しかし、夏はやっぱり健康的な小麦肌になりたい!という方もいらっしゃるでしょう。

夏の日差しでナチュラルに焼くのはもちろん、日焼けサロンで焼くという方法もあります。

どちらにしても、肌にダメージを与えないよう、十分なケアを心がけたいですね。

健康肌を目指す方は“美黒”な肌を目指しましょう!

 

サンオイルの効果と注意点

Young woman sitting on wooden sun lounger on sunny southern sand beach, holding bottle of sunscreen lotion, applying sunblock cream on legs, close up. Sunburn and cancer protection concept

太陽で日焼けをしたいときには、サンオイルを使用する方が多いですよね。

サンオイルは日焼け止めの一種とされており、紫外線から肌を守るためのアイテムです。

日焼けを促す効果があると思われがちですが、肌へのダメージを防ぎながら綺麗に日焼けさせる目的で使います。

ただし、肌の弱い方や日焼けを全くしていない方は、サンオイルを塗ってもダメージを受けてしまうことがあります。

まずは、SPFの値が低い日焼け止めを使用してみるのも良いでしょう。

 

日焼けサロンのメリットと注意点

glamour young woman tanning in solarium

日焼けサロンのメリットとして、天候に左右されずに日焼けできるという点が挙げられます。

また、忙しい方でも時間帯に関係なく、気軽に通うことができます。

日焼けサロンで使われるマシンは、2種類ある紫外線(UVA、UVB)のうちUVAによって肌を焼きます

UVBに比べて肌に与えるダメージが少ないとされるUVAですが、何も影響がないわけではありません。

UVBとは別の影響も考えられるため、心に留めておきましょう。

 

日焼けのアフターケア

Woman caring of her beautiful skin on the face standing near mirror in the bathroom. Young woman applying moisturizer on her face. Smiling girl holding little jar of skin cream and applying lotion.

日焼け直後のお手入れで一番重要なのは、肌を冷やすことです。

冷やしたタオル冷たいシャワーなどを、熱を持った部分にあてることで、痛みや水ぶくれを防ぐことができます。

肌の熱っぽさがなくなったら、化粧水などでたっぷりと水分補給をしてあげましょう。

その後、乳液やクリームなどで保湿することも大切です。

もしも日焼け後の皮膚が剥がれてきてしまった場合、無理に剥がすのはNGです。

 

woman in bikini and summer time

綺麗に日焼けするには、一度に長時間焼くのではなく、1日3時間ほどに抑えましょう。
また、10時~14時くらいの強い日差しには注意が必要です。
この夏は健康的な“美黒肌”を目指してみませんか?

関連記事

紫外線の恐ろしさを学ぼう。紫外線を浴びない方法などもご紹介。

紫外線の影響を侮るなかれ!強い日差しから肌を守るスキンケア方法

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。