メイククレンジングきちんと出来てる?正しい洗い方をマスター!

毎日行うクレンジング。メイクはしっかりとオフするのが基本ですよね。しかし簡単にオフしてしまったり、洗いすぎて肌が荒れてしまったりとクレンジングも悩みが色々とあります。正しい洗い方を知って、つるつるの素肌を目指しましょう!

クレンジングの基本

SPA set of copy space cosmetic bottles and tubes. Face/body care concept: composition of creams, lotions, serums. Mock up set. Cosmetic vial, flask, shampoo, oil, gel, soaps or oils.

クレンジングの基本は、肌に負担をかけずにメイク汚れをきちんと落とすことです。

肌に負担がかかる洗い方をしたり、メイク汚れが残ると肌トラブルに繋がってしまいます。

自分の肌にあったメイク落としを使うことも大事です。

参考:スキンケア大学

 

アイメイクやポイントメイクは先に落とす

Woman removing make up

ばっちりとキメたアイメイクは最も落としにくい場所です。

特にウォータープルーフのマスカラやアイライナーは、落とすのに時間がかかる人も多いはず。

目元は皮膚がとても薄くてデリケートな箇所ですので、専用のクレンジング剤で先に落とします。

落ちにくい口紅を塗った口元も一緒に落としましょう。

 

おすすめのリムーバー

ポイントメイク落としにはオイルタイプのリムーバーが適しています。

コットンにたっぷりとオイルを含ませ、まぶたの上に乗せます。

そのまま10秒程待っているとアイメイクが浮いてきますので、そっとなでるように拭き取りましょう。

参考:綺麗な人の習慣を知ってキレイになるブログ

 

クレンジング剤をのせるコツ

Beautiful brunette lady removing makeup from her face, skin care concept / photoset of attractive brunette girl on beige background

クレンジング剤はたっぷりと

使用するクレンジング剤の量はたっぷり使いましょう。

量が少ないと摩擦が大きくなり、肌を痛める原因になります。

たっぷりのクレンジング料を混ぜてメイクを浮かび上がらせるイメージですね。

手や指の腹で少し温めてから使用すると、メイク汚れがより落ちやすくなります。

 

Tゾーンなど皮膚の強いところから

顔の皮膚の中で比較的皮脂が多く、皮膚の強いTゾーンからクレンジング剤をのせます。

次に頬などのUゾーンへと延ばしていき、最も皮膚が薄くて弱い目元や口の周りは最後に延ばします

 

力を入れずに短時間で

クレンジングはゴシゴシやらず短時間でやるのが鉄則です。

極端な話ですが、肌に洗剤が乗っているのと同じです。

出来るだけ手早く終え肌へのダメージを抑えましょう。

参考:エイジングケア化粧品専門店 VanityRoom

 

十分に洗い流す

Young female washing her face with clear tap water, removing makeup, home bathroom interior, view over shoulder. Reflected at the mirror. Beauty concept photo

すすぐ際はぬるま湯で手早くすすぎます。

お湯が熱すぎると肌が乾燥しやすく、冷たい水だ油分が落ちきりません。

出来るだけ早く、馴染んだら直ぐ!

クレンジング剤が残らないよう、しっかり洗い流しましょう。

参考:スキンケア大学

 

Young attractive woman looking at mirror, cleanses the face with a cotton pad after a shower at the bathroom. Skincare concept.

クレンジングは、肌の1日の汚れと疲れをリセットする大事な作業です。

正しい洗い方をマスターし、キレイな素肌を保ちましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。