好きなアロマで感じる癒しの効果♪手作り入浴剤の作り方をご紹介

良い香りや、キレイな色のついた入浴剤を入れてお風呂に入ると、とてもリラックス出来ますよね。今、そんな入浴剤を自分で手作りする事がブームになりつつあるのです。材料も100均などにある物でOK!今回は、「手作り入浴剤」の作り方をご紹介します。

簡単バスボムを手作りしてみよう


s.norie
s.norie

さっそくバスボムを作っていきましょう。

バスボムとは、お風呂に入れると炭酸ガスを出して、シュワシュワと溶けていく入浴剤のことです。

市販のものだと、バブやLUSHなどが有名ですね。

では、まずは材料からご紹介します。

参考:LUSH

 

材料


kyo.ie
kyo.ie

材料は100均で用意してもOK

  • 重曹   100g
  • クエン酸 50g
  • 片栗粉  50g
  •     少々
  • アロマオイル   20~30滴ぐらい
  • 氷の型などがあれば簡単に可愛い形が出来ますよ(なくてもOK)

参考:PURE La BALI

 

作り方


tuurn._.norn
tuurn._.norn

  1. 重曹・クエン酸・片栗粉を全部混ぜます
  2. アロマオイルを入れて混ぜます。
  3. 今度はダマにならないように5回くらいに分けて、水を入れて混ぜます。
  4. 少し湿ってキュッと固まるようになったら型入れましょう。
  5. 型がない時はサランラップに包んで、上をキュッとねじってみましょう。
  6. 1時間ぐらいでも乾きますが、半日~1日ぐらい経ってからの方がしっかり固まるので、キレイに型から出せます。

水を加える時は、スプレーなどに水を入れて吹きかける様にすれば失敗しないようですよ♪

もし、水を入れてシュワシュワと反応したら水の量が多すぎと言う事です。

参考:PURE La BALI

 

炭酸入浴剤


erika_1o31
erika_1o31

せっかく作るなら、目的にあった入浴剤にしたいですよね。

入浴剤にもそれぞれ効果があるようですよ。

炭酸入浴剤は重曹とクエン酸が反応して炭酸ガスが発生し、シュワシュワ感が楽しい入浴剤になります。

血行が良くなるので、しっかりと温まり、疲労回復の効果もあるそうですよ。

また、背中にニキビなどが出来やすい人にもおすすめです。

参考:製薬会社のプロが厳選!入浴剤のおすすめ人気ランキング

 

保湿入浴剤

Beautiful woman looking outside the window in her beautiful apartment

肌がしっとりする入浴剤を作りたい方は、ホホバオイルや日本酒、ワインなどを入れて作ってもOK。

ホホバオイルはアレルギー反応が出にくく、皮脂の分泌量をコントロールしくれるそうです。

他にも蜂蜜や米ぬかも保湿効果が高まるそうですよ。

参考:製薬会社のプロが厳選!入浴剤のおすすめ人気ランキング

 

Blue, vanilla and strawberry bath bombs in the cone on turquoise concrete background

自分好みの入浴剤を入れたお風呂なら、きっとリラックス出来ると思います♪

ぜひお試し下さいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。